お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-12 14:35
カオスMIMO伝送における安全な共通鍵伝送の検討
稲葉悠馬岡本英二名工大RCS2014-202
抄録 (和) 無線LANの普及に伴いアドホックネットワークが注目されている.しかし,アドホックネットワーク上には特別な端末(認証局のような信頼できる第三者)が存在しないため,信頼性のある公開鍵の配布を必要とするRSA暗号などによって安全な通信を確立できない.そこで我々はこの問題を解決する手法としてカオス通信の原理を導入した物理層における鍵交換手法を提案する.しかし,カオス暗号は一般的に信頼性の低い暗号アルゴリズムであると認識されている.そこで本稿では提案手法がアドホックネットワーク上で安全な通信を確立する手法であることに加え,提案手法の安全性が現代暗号の安全性の根拠の1つである離散対数問題の困難さに依拠することを示す.さらに計算機シミュレーションにより盗聴者の通信路容量と鍵の関係について明らかにする. 
(英) Ad-hoc networks have attracted attention according to the spread of wireless LAN systems. However, safe communication is not realized in the ad-hoc network by conventional cipher schemes such as RSA encryption which needs the distribution of trusted public key, because there is no trusted central terminal such as the Certificate Authority. Therefore, to solve this problem, we propose a physical layer ad-hoc public key transmission scheme based on chaos-encrypted communication. In general, the chaos encryption is not recognized as a strong cipher scheme. Thus, we show that the proposed scheme can realize a safe communication in ad-hoc networks, and that the security depends on the difficulty of discrete logarithm problem which is the common criterion in the current encryption schemes. Furthermore, we clarify the relationship between the eavesdropper channel capacity and the key similarity.
キーワード (和) マルチホップ通信 / 暗号化 / カオス / MIMO / / / /  
(英) multihop communications / encryption / chaos / MIMO / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 295, RCS2014-202, pp. 31-36, 2014年11月.
資料番号 RCS2014-202 
発行日 2014-11-05 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2014-202

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2014-11-12 - 2014-11-14 
開催地(和) 山形大 米沢キャンパス 
開催地(英) Yamagata University, Yonezawa Campus 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antennas, Equalization, Interference Cancellation, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオスMIMO伝送における安全な共通鍵伝送の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Secure Common Key Transmission in Chaos MIMO Scheme 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチホップ通信 / multihop communications  
キーワード(2)(和/英) 暗号化 / encryption  
キーワード(3)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(4)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 悠馬 / Yuma Inaba / イナバ ユウマ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-12 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-202 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.295 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2014-11-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会