お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-07 10:30
見通し環境における過負荷MIMO-OFDMシステムの相関低減プレコーディングの実験的検討
矢部達郎眞田幸俊慶大CS2014-70
抄録 (和) 本報告では, 見通し環境における過負荷MIMO(Multiple Input Multiple Output)-OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)のための相関低減プレコーディングを検討する.
過負荷MIMOシステムは, 送信アンテナ数より受信アンテナ数が少ないMIMOシステムである.
過負荷MIMOシステムでは, 統合復号処理による周波数ダイバーシチを用いて信号多重化による特性の劣化量を抑えている.
見通し環境では, 符号化シンボル間の相関により統合復号の性能が劣化する.
そこで本報告では, 相関低減のためのプレコーディングの効果計算機シミュレーションおよびを実験により評価する.
数値評価の結果, 実験の結果と計算機シミュレーションによる評価は一致した.
また, 提案方式はビット誤り率を$E_b / N_0 =10$dBにおいて1/10 - 1/30に低減することが明らかにした. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 過負荷MIMO / 統合復号 / OFDM / 空間多重変調 / / / /  
(英) Overloaded MIMO / Joint Decoding / OFDM / Spatial Multiplexing Modulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 289, CS2014-70, pp. 99-104, 2014年11月.
資料番号 CS2014-70 
発行日 2014-10-30 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード CS2014-70

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2014-11-06 - 2014-11-07 
開催地(和) 知床(北海道) 
開催地(英) Shiretoko (Hokkaido) 
テーマ(和) ブロードバンドアクセス,ホームネットワーク,ネットワークサービス,通信利用アプリケーション,一般 
テーマ(英) Broadband Access Systems, Home Networks, Network Services, Applications for Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2014-11-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 見通し環境における過負荷MIMO-OFDMシステムの相関低減プレコーディングの実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Investigation of Correlation Reduction Precoding in Overloaded MIMO-OFDM System under Line-of-Sight Condition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 過負荷MIMO / Overloaded MIMO  
キーワード(2)(和/英) 統合復号 / Joint Decoding  
キーワード(3)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(4)(和/英) 空間多重変調 / Spatial Multiplexing Modulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢部 達郎 / Tatsuro Yabe / ヤベ タツロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 幸俊 / Yukitoshi Sanada / サナダ ユキトシ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-07 10:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2014-70 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.289 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2014-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会