電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-07 13:45
整合性要件のための存在従属性に着目したオブジェクト識別子の構成
井田明男金田重郎熊谷聡志藤本明莉同志社大
抄録 (和) 本稿では,整合性要件を担保するために存在従属性に着目したドメインモデルの構築手法とUMLのクラス図をベースとした表記法を提案する.ホワイトボードに手書きできるくらい簡潔でありながらも識別子の関係が確実に表明され得るモデルを目指す.存在従属性の概念は理解しやすく,ドメイン中のいたるところで見出されるため,提案手法により,第5正規形と同じ正規化レベルを持ったドメインモデルが自然に構築できる.提案手法がオブジェクト指向手法において正規化と同等の役割を果たし,ドメインエキスパートとシステムエンジニアが共同で参加するモデリング作業の一助となれば幸いである. 
(英) In this paper, we propose a method for creating domain models having robustness to the logical requirements by
focusing on existence dependency and a model notation based on UML class diagram. It is easy to understand the concept of
existence dependency. Proposed method plays a similar role to the normalization in object-oriented approach. We hope that our
proposed method help the participating system-engineers and domain-expert in a requirements analysis session.
キーワード (和) 存在従属性 / ドメインモデル / クラス図 / ユビキタス言語 / 論理要件頑健性 / / /  
(英) existence dependency / domain model / class diagram / ubiquitous language / logical requirement robustness / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 292, KBSE2014-37, pp. 53-58, 2014年11月.
資料番号 KBSE2014-37 
発行日 2014-10-30 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2014-11-06 - 2014-11-07 
開催地(和) 同志社大(京都/室町キャンパス,寒梅館3F) 
開催地(英) Doshisha Univ.(Kanbai-kan 3F, Muromachi Campus, Kyoto) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Genaral session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2014-11-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 整合性要件のための存在従属性に着目したオブジェクト識別子の構成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Constitution of object identifier with attention to existence dependency for consistency requirements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 存在従属性 / existence dependency  
キーワード(2)(和/英) ドメインモデル / domain model  
キーワード(3)(和/英) クラス図 / class diagram  
キーワード(4)(和/英) ユビキタス言語 / ubiquitous language  
キーワード(5)(和/英) 論理要件頑健性 / logical requirement robustness  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井田 明男 / Akio Ida / イダ アキオ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金田 重郎 / Shigeo Kaneda / カネダ シゲオ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学大学院 (略称: 同志社大)
Graduate School of Science and Engineering, Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 聡志 / Satoshi Kumatani / クマタニ サトシ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学大学院 (略称: 同志社大)
Graduate School of Science and Engineering, Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 明莉 / Akari Fujimoto / フジモト アカリ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-07 13:45:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2014-37 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.292 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2014-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会