お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-07 10:00
無線秘密鍵共有方式における複数受信による盗聴特性
大川原健太相河 聡兵庫県立大CS2014-68
抄録 (和) 無線通信は気軽に利用できる反面,そのセキュリティ対策が問題となる.この解決策の1つとして電波伝搬路特性と可変指向性アンテナを用いた秘密鍵共有方式が検討されている.不特定多数が存在する公共の場で盗聴を試みる場合,盗聴局は鍵生成を行う通信端末に対して複数の設置場所を選ぶことができる.しかし,盗聴者が通信端末間の直接波を受信できない場合には盗聴耐性が高くなる.本検討では,複数の盗聴局が直接波を抑制して取得したRSSIを合算し協調する盗聴手法を提案し,秘密鍵情報量のシミュレーション評価を行う. 
(英) Wireless secret Key agreement schemes using variable directivity antenna based on the reciprocity theorem of radio wave propagation characteristics are researched. Eavesdropper can choose any place for the terminal generating secret key in public. However, eavesdropper can’t receive the direct wave between the terminals, tapping tolerance increase in Line-of-Sight. In this study suggest eavesdropping method restrict direct wave for eavesdropper using multiple receivers.
キーワード (和) 秘密鍵 / 電波伝搬路特性 / 指向性アンテナ / RSSI / 盗聴 / / /  
(英) Secret Key / Radio Wave Propagation / Directivity Antenna / RSSI / Eavesdropping / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 289, CS2014-68, pp. 87-91, 2014年11月.
資料番号 CS2014-68 
発行日 2014-10-30 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード CS2014-68

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2014-11-06 - 2014-11-07 
開催地(和) 知床(北海道) 
開催地(英) Shiretoko (Hokkaido) 
テーマ(和) ブロードバンドアクセス,ホームネットワーク,ネットワークサービス,通信利用アプリケーション,一般 
テーマ(英) Broadband Access Systems, Home Networks, Network Services, Applications for Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2014-11-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線秘密鍵共有方式における複数受信による盗聴特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Eavesdropping Characteristic Using Multiple Receivers to Wireless Key Agreement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 秘密鍵 / Secret Key  
キーワード(2)(和/英) 電波伝搬路特性 / Radio Wave Propagation  
キーワード(3)(和/英) 指向性アンテナ / Directivity Antenna  
キーワード(4)(和/英) RSSI / RSSI  
キーワード(5)(和/英) 盗聴 / Eavesdropping  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大川原 健太 / Kenta Okawahara / オオカワハラ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相河 聡 / Satoru Aikawa / アイカワ サトル
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-07 10:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2014-68 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.289 
ページ範囲 pp.87-91 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CS-2014-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会