お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-06 15:10
Smart Fertigation System for Sprout Production
Somnuek SinthupuanKanokwan MorasukKantaras SreesaPaweena RintongMaejo Univ.IA2014-54
抄録 (和) The smart fertigation system is a system which consists of fertilizer, irrigation and fuzzy logic control to be a labor-saving device that fertilizes sprout production automatically. Because almost sprout production systems at present time control fertilizer and irrigation by hand which fertilization take two times per day about 8.00 AM. and 6.00 PM. and irrigation take every two hours. The cycle of sprout production is about 4 days to 7 days. The problem of original fertigation system is not proportional of fertilizer and irrigation time for sprout growth.
The smart fertigation system collects micro-climate data using micro-controller with temperature, humidity, pH, and EC sensors. All collected data will be sent though wire or Wi-Fi into field database and web server to access micro-climate data, semi-control and fuzzy-control though web application. The result from smart fertigation system increases performance in sprout production. 
(英) The smart fertigation system is a system which consists of fertilizer, irrigation and fuzzy logic control to be a labor-saving device that fertilizes sprout production automatically. Because almost sprout production systems at present time control fertilizer and irrigation by hand which fertilization take two times per day about 8.00 AM. and 6.00 PM. and irrigation take every two hours. The cycle of sprout production is about 4 days to 7 days. The problem of original fertigation system is not proportional of fertilizer and irrigation time for sprout growth.
The smart fertigation system collects micro-climate data using micro-controller with temperature, humidity, pH, and EC sensors. All collected data will be sent though wire or Wi-Fi into field database and web server to access micro-climate data, semi-control and fuzzy-control though web application. The result from smart fertigation system increases performance in sprout production.
キーワード (和) Smart Farm / Precision Agriculture / Fertilization / Irrigation / / / /  
(英) Smart Farm / Precision Agriculture / Fertilization / Irrigation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 286, IA2014-54, pp. 103-107, 2014年11月.
資料番号 IA2014-54 
発行日 2014-10-29 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2014-54

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2014-11-05 - 2014-11-06 
開催地(和) タイ・チェンマイ 
開催地(英) Thailand 
テーマ(和) Internet Architecture and Applications 
テーマ(英) Internet Architecture and Applications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2014-11-IA 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Smart Fertigation System for Sprout Production 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Smart Farm / Smart Farm  
キーワード(2)(和/英) Precision Agriculture / Precision Agriculture  
キーワード(3)(和/英) Fertilization / Fertilization  
キーワード(4)(和/英) Irrigation / Irrigation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Somnuek Sinthupuan / Somnuek Sinthupuan /
第1著者 所属(和/英) Maejo University (略称: Maejo Univ.)
Maejo University (略称: Maejo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Kanokwan Morasuk / Kanokwan Morasuk /
第2著者 所属(和/英) Maejo University (略称: Maejo Univ.)
Maejo University (略称: Maejo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Kantaras Sreesa / Kantaras Sreesa /
第3著者 所属(和/英) Maejo University (略称: Maejo Univ.)
Maejo University (略称: Maejo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Paweena Rintong / Paweena Rintong /
第4著者 所属(和/英) Maejo University (略称: Maejo Univ.)
Maejo University (略称: Maejo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-06 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2014-54 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.103-107 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IA-2014-10-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会