お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-06 09:30
レートレス符号化を用いた安全かつ高速なUHF RFID紛失物検知システム
豊田健太郎笹瀬 巌慶大CS2014-59
抄録 (和) オフィスや倉庫内の物品にRFIDタグを付加した状態で管理し,定期的にRFIDリーダがタグを読み取ることにより,それらが紛失した際には速やかに紛失したことを管理者に通知する紛失物検知システムが注目されている.従来,紛失しているタグをより高速に検知する手法が検討されてきたが,従来手法は高速化を求めるあまり,セキュリティの観点において脆弱である.本論文ではまず,RFIDリーダを操作する者が読取結果を改竄してシステムに通知することで任意の商品をシステムに気付かれることなく盗難可能であることを示す.そして,従来手法では短い応答ビットを返答していたのに対し,タグがタグ固有の秘密鍵,暗号的ハッシュ関数,およびナンスを用いた数十ビット程度のメッセージ認証コードを応答する方式を提案する.提案方式では,例えリーダが応答を改竄したとしてもタグ固有の秘密鍵を得ることができないために正しい応答を求める確率を非常に低く抑えることを可能とする.一方,提案方式では従来手法と比較してタグがリーダに送信するビット長が長くなるため伝送時間が増大するため,レートレス符号化を用いて複数のタグに同時に応答させることで伝送時間を短縮する方式を提案する.これら2つの提案により,安全かつ高速なRFID紛失物検知システムを構築する.安全性証明およびMATLABによる計算機シミュレーションにより本方式の有効性を示す. 
(英) RFID-based inventory systems are getting much attention thanks to its low cost and feasibility of deployment. Especially, detecting missing tag-equipped items e.g., valuables or confidential documents in shops and warehouses, in real-time is one of the most important system. In this paper, we propose a secure and fast missing tags detection by letting tags respond MAC (Message Authentication Code) using tag's pre-shared key in order to detect forged responses. In addition, we also apply a rateless coding for responding MAC to reduce the transmission time. By the security analysis and the computer simulation, we show that our scheme is secure against untrusted reader and faster than conventional schemes.
キーワード (和) RFID / 紛失物検知システム / セキュリティ / レートレス符号化 / / / /  
(英) RFID / missing tags detection / security / rateless coding / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 289, CS2014-59, pp. 31-36, 2014年11月.
資料番号 CS2014-59 
発行日 2014-10-30 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード CS2014-59

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2014-11-06 - 2014-11-07 
開催地(和) 知床(北海道) 
開催地(英) Shiretoko (Hokkaido) 
テーマ(和) ブロードバンドアクセス,ホームネットワーク,ネットワークサービス,通信利用アプリケーション,一般 
テーマ(英) Broadband Access Systems, Home Networks, Network Services, Applications for Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2014-11-CS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) レートレス符号化を用いた安全かつ高速なUHF RFID紛失物検知システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Secure and Fast UHF RFID Missing Tags Detection with Rateless Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RFID / RFID  
キーワード(2)(和/英) 紛失物検知システム / missing tags detection  
キーワード(3)(和/英) セキュリティ / security  
キーワード(4)(和/英) レートレス符号化 / rateless coding  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 健太郎 / Kentaroh Toyoda / トヨダ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹瀬 巌 / Iwao Sasase /
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-06 09:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2014-59 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.289 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2014-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会