電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-06 16:30
コンテンツ間連携モデルを用いたWebサイト統合手法の提案
笠谷昌弘金田重郎大塚卓馬同志社大
抄録 (和) Webサイトの発展と共に,Webサイト統合の需要が高まってきている.しかしながら,Webサイト統合手法は未だ確立されていない.この点に着目し,本稿ではWebサイト統合手法を提案する.Webサイトには,ユーザの存在が必要不可欠であり,そのユーザの持つ興味や知識の向上においては,コンテンツ間の関係が重要となる.そこで,ユーザの持つ属性を捉えるためにペルソナ分析を,コンテンツ間の関係を詳細に記述するためにクラス図を用いる.また,この2つのモデルに加え,著者らが新たに考案したコンテンツ間連携モデルを用いる.コンテンツ間連携モデルでは,コンテンツのリンク構造を反映したクラス図の上を,ペルソナ分析により得られたユーザが逍遥することによって分析が行われる.以上のモデルを用いて, Webサイトの統合を行う. 
(英) The demand for integration of websites is increasing as the websites developed. However, integration approach of websites has not been developed yet. So, we will propose it. An existence of users and a relation among contents are necessary for websites. So, we use persona to find attributes of users and class diagram to describe relations among contents in details. In addition, we use a cooperative contents model that we newly invented. Cooperative contents modeling can show that persona is walking around the class diagram. We integrate websites with these models.
キーワード (和) Webサイト / クラス図 / ペルソナ分析 / コンテンツ間連携モデル / Webサイトの統合 / / /  
(英) Website / Class Diagram / Persona / Cooperative contents model / Integration of Websites / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 292, KBSE2014-32, pp. 25-30, 2014年11月.
資料番号 KBSE2014-32 
発行日 2014-10-30 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2014-11-06 - 2014-11-07 
開催地(和) 同志社大(京都/室町キャンパス,寒梅館3F) 
開催地(英) Doshisha Univ.(Kanbai-kan 3F, Muromachi Campus, Kyoto) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Genaral session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2014-11-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンテンツ間連携モデルを用いたWebサイト統合手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The proposal of website integration approach by using cooperative contents model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Webサイト / Website  
キーワード(2)(和/英) クラス図 / Class Diagram  
キーワード(3)(和/英) ペルソナ分析 / Persona  
キーワード(4)(和/英) コンテンツ間連携モデル / Cooperative contents model  
キーワード(5)(和/英) Webサイトの統合 / Integration of Websites  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠谷 昌弘 / Masahiro Kasatani / カサタニ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金田 重郎 / Shigeo Kaneda / カネダ シゲオ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 卓馬 / Takuma Otsuka / オオツカ タクマ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-06 16:30:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2014-32 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.292 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2014-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会