電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-06 09:15
ユーザ情報を用いたScene Analysisのデータベース更新に関する実験的検討
藤田崇洋相河 聡兵庫県立大CS2014-58
抄録 (和) 近年,スマートフォン等の情報通信端末を利用した自己位置推定システムが普及している.これに伴い,既設の無線LANアクセスポイントからの受信信号強度(RSSI)を用いて,データベースを構築し位置推定を行うScene Analysis/Finger Printing方式がある.しかし,データベースの構築から月日を経ると伝搬環境の変化から取得できるRSSIが変化し,実際の値とデータベースの差異が増大することにより位置推定精度が低下する.そこで,システムを利用する複数のユーザから得られる位置情報を用いて,データベースを環境変化に追随させるためにデータベースの更新を行い推定精度の低下を低減することを提案する.また,システムの利用ユーザの偏在性による更新への影響に対しても実験を通して評価を行う. 
(英) Localization system using RSSI of wireless-LAN comes into wide use recently. Scene Analysis Method using RSSI database realize high accuracy under the malutipath environment. However, the changing environment change from the time of create database reduce. Then, in this study suggest the database updating using user information. This contribution shows the effect of proposed scheme using experimental result.
キーワード (和) 位置推定 / Scene Analysis / 受信信号強度 / ユーザ情報 / / / /  
(英) Localization / Scene Analysis / RSSI / User information / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 289, CS2014-58, pp. 25-29, 2014年11月.
資料番号 CS2014-58 
発行日 2014-10-30 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード CS2014-58

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2014-11-06 - 2014-11-07 
開催地(和) 知床(北海道) 
開催地(英) Shiretoko (Hokkaido) 
テーマ(和) ブロードバンドアクセス,ホームネットワーク,ネットワークサービス,通信利用アプリケーション,一般 
テーマ(英) Broadband Access Systems, Home Networks, Network Services, Applications for Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2014-11-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ユーザ情報を用いたScene Analysisのデータベース更新に関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Experimental Study on Database Updating of Scene Analysis System using User Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位置推定 / Localization  
キーワード(2)(和/英) Scene Analysis / Scene Analysis  
キーワード(3)(和/英) 受信信号強度 / RSSI  
キーワード(4)(和/英) ユーザ情報 / User information  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 崇洋 / Takahiro Fujita / フジタ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相河 聡 / Satoru Aikawa / アイカワ サトル
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-06 09:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2014-58 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.289 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CS-2014-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会