電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-31 13:00
[ポスター講演]WAVEを利用したITSスポット通信の高度化システムの開発と評価
服部有里子筑波技大)・永田剛志家氏 策三菱重工SR2014-85
抄録 (和) WAVE (Wireless Access in Vehicular Environments) は,IEEE802.11pにおいて車車間通信や路車間通信の標準の無線通信プロトコルとして策定されている.現行のWAVE通信装置は通信領域が400m~1kmと広域であり,安全やセキュリティを目的とする通信領域が10m程度のITSスポット通信にそのまま適用できないため,スポット通信に適用可能な高度化通信システムを開発した.ITSスポット通信では通信エラー率10-5以下が要求されるため,アプリケーションレイヤよりもより効率的な低レイヤでの通信パラメータの最適化を行った.フィールド試験の結果,高度化通信システムは,道路課金システムとしてDSRCと同様にITSスポット通信に適用可能であることが実証された. 
(英) Wireless Access in Vehicular Environments (WAVE) communication has been discussed on IEEE 802.11p and established the standard of communication protocol and wireless media, assumed Vehicle-to-Vehicle and Vehicle-to-Infrastructure communications. The present WAVE communication could not fulfill our ITS spot communication systems in performance. Hence, we have developed enhanced WAVE communication devices applicable to spot communications that have a short range of about 10m. This technological development is characterized by optimizing communication parameters, such as channel coordination and synchronization method. Finally we have confirmed not only devices performance but also the functional fulfillments enough for Electronic Fee Collection systems.
キーワード (和) ITS / WAVE / 車車間通信 (V2V) / 路車間通信 (V2I) / 専用狭域通信 (DSRC) / / /  
(英) ITS / Wireless Access in Vehicular Environments (WAVE) / Vehicle-to-Vehicle (V2V) / Vehicle-to-Infrastructure (V2I) / Dedicated Short Range Communication (DSRC) / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 284, SR2014-85, pp. 157-160, 2014年10月.
資料番号 SR2014-85 
発行日 2014-10-23 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2014-85

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2014-10-30 - 2014-10-31 
開催地(和) I2R, シンガポール 
開催地(英) I2R, Singapore 
テーマ(和) 国際ワークショップ (1種研) 
テーマ(英) International Workshop (SmartCom 2014) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2014-10-SR 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) WAVEを利用したITSスポット通信の高度化システムの開発と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and evaluation of enhanced spot communication system using WAVE 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(2)(和/英) WAVE / Wireless Access in Vehicular Environments (WAVE)  
キーワード(3)(和/英) 車車間通信 (V2V) / Vehicle-to-Vehicle (V2V)  
キーワード(4)(和/英) 路車間通信 (V2I) / Vehicle-to-Infrastructure (V2I)  
キーワード(5)(和/英) 専用狭域通信 (DSRC) / Dedicated Short Range Communication (DSRC)  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 有里子 / Yuriko Hattori / ハットリ ユリコ
第1著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 剛志 / Takeshi Nagata /
第2著者 所属(和/英) 三菱重工業株式会社 (略称: 三菱重工)
Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. (略称: Mitsubishi Heavy Industries)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 家氏 策 / Saku Ieuji /
第3著者 所属(和/英) 三菱重工業株式会社 (略称: 三菱重工)
Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. (略称: Mitsubishi Heavy Industries)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-31 13:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2014-85 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.284 
ページ範囲 pp.157-160 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SR-2014-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会