電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-30 13:00
[ポスター講演]Optimum Number of Transmit Antennas for STTD in MC-CDMA Distributed Antenna Network
Yumeto MoriShohei InoshitaHiroyuki MiyazakiFumiyuki AdachiTohoku UnivSR2014-61
抄録 (和) Distributed antenna network (DAN) can mitigate the problems arising from of the propagation path loss and shadowing loss and achieve better transmission performance over the entire cell area compared to centralized antenna network (CAN). Many transmit antennas are spatially distributed in DAN while they are co-located at the same base station in CAN. The use of space time block coded transmit diversity (STTD) can further improve performance. As the multi-access scheme, multicarrier code division multiple access (MC-CDMA) is attractive since it can alleviate a sophisticated resource allocation while achieving the frequency diversity gain. In this paper, the STTD downlink transmission is considered for MC-CDMA DAN. In STTD downlink, higher spatial antenna diversity gain is obtained by increasing the number of transmit antennas. However, the STTD code rate reduces. Furthermore, since the propagation time delays of signals transmitted from some transmit antennas may exceed the cyclic prefix (CP) length of MC-CDMA, the inter-block interference (IBI) is produced. Therefore, there exist the optimum numbers of transmit antennas to be involved in STTD downlink. In this paper, we derive an expression for the received SINR after de-spreading and evaluate, by computer simulation, the STTD downlink capacity to discuss about the optimum number of transmit antennas. 
(英) Distributed antenna network (DAN) can mitigate the problems arising from of the propagation path loss and shadowing loss and achieve better transmission performance over the entire cell area compared to centralized antenna network (CAN). Many transmit antennas are spatially distributed in DAN while they are co-located at the same base station in CAN. The use of space time block coded transmit diversity (STTD) can further improve performance. As the multi-access scheme, multicarrier code division multiple access (MC-CDMA) is attractive since it can alleviate a sophisticated resource allocation while achieving the frequency diversity gain. In this paper, the STTD downlink transmission is considered for MC-CDMA DAN. In STTD downlink, higher spatial antenna diversity gain is obtained by increasing the number of transmit antennas. However, the STTD code rate reduces. Furthermore, since the propagation time delays of signals transmitted from some transmit antennas may exceed the cyclic prefix (CP) length of MC-CDMA, the inter-block interference (IBI) is produced. Therefore, there exist the optimum numbers of transmit antennas to be involved in STTD downlink. In this paper, we derive an expression for the received SINR after de-spreading and evaluate, by computer simulation, the STTD downlink capacity to discuss about the optimum number of transmit antennas.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Distributed antenna network / MC-CDMA / transmit antenna diversity / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 284, SR2014-61, pp. 15-20, 2014年10月.
資料番号 SR2014-61 
発行日 2014-10-23 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2014-61

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2014-10-30 - 2014-10-31 
開催地(和) I2R, シンガポール 
開催地(英) I2R, Singapore 
テーマ(和) 国際ワークショップ (1種研) 
テーマ(英) International Workshop (SmartCom 2014) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2014-10-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimum Number of Transmit Antennas for STTD in MC-CDMA Distributed Antenna Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Distributed antenna network  
キーワード(2)(和/英) / MC-CDMA  
キーワード(3)(和/英) / transmit antenna diversity  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 盛 夢都 / Yumeto Mori / モリ ユメト
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井下 翔平 / Shohei Inoshita / イノシタ ショウヘイ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 寛之 / Hiroyuki Miyazaki / ミヤザキ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 文幸 / Fumiyuki Adachi / アダチ フミユキ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-30 13:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2014-61 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.284 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2014-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会