電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-30 13:00
[ポスター講演]Non-linear distortion noise power control according to modulation schemes for cognitive radio systems
Ren KataokaYusuke FujisawaShigeru TomisatoMasaharu HataOkayama Univ.SR2014-59
抄録 (和) 本研究では,OFDM伝送を用いるコグニティブ無線システムで雑音電力を変調方式の所要伝送品質に応じて制御する非線形歪雑音電力制御 (DNC) 手法を用いた場合の非優先システムの伝送特性を評価している.この非線形歪雑音電力制御手法はクリップとフィタリング手法を用いており,使用帯域の所要雑音電力の条件を満たすようなクリップレベルとフィルタリング用の非線形歪雑音電力比を設定している.計算機シミュレーションにより,非線形歪雑音電力制御手法におけるクリップレベルと非線形歪雑音電力の関係を求め,この結果に基づいて雑音電力制御時に用いるクリップレベルとフィルタリング時に設定する非線形歪雑音電力比を決定する.この手法を適用した場合のスペクトラム特性,及びBER特性を評価し,それらの結
果から,非優先システムにおいて非線形歪雑音電力制御手法を用いることにより各帯域の変調方式に応じた所要伝送品質を満たす良好な受信特性が得られることを明らかにした. 
(英) This paper evaluates transmission performance of a low-priority system with a non-linear distortion noise power control (DNC) method which controls non-linear distortion noise power according to required transmission quality of modulation schemes in cognitive radio systems by OFDM transmission. This DNC method employs the conventional clipping and filtering method, and its clipping level and distortion noise power ratio for filtering are selected so that the required noise power condition on each frequency band is satisfied. Distortion noise power characteristics to clipping levels with the DNC method are evaluated by computer simulations and the set clipping levels and distortion noise power ratios for filtering are determined from these results. The results of spectrum properties and BER performance show that the DNC method can satisfy required transmission quality of modulation schemes on frequency bands used by a low-priority system.
キーワード (和) 非線形歪 / OFDM / 周波数共用 / 送信電力制御 / / / /  
(英) Non-linear distortion / OFDM / spectrum sharing / transmission power control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 284, SR2014-59, pp. 1-6, 2014年10月.
資料番号 SR2014-59 
発行日 2014-10-23 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2014-59

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2014-10-30 - 2014-10-31 
開催地(和) I2R, シンガポール 
開催地(英) I2R, Singapore 
テーマ(和) 国際ワークショップ (1種研) 
テーマ(英) International Workshop (SmartCom 2014) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2014-10-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Non-linear distortion noise power control according to modulation schemes for cognitive radio systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非線形歪 / Non-linear distortion  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) 周波数共用 / spectrum sharing  
キーワード(4)(和/英) 送信電力制御 / transmission power control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 片岡 蓮 / Ren Kataoka / カタオカ レン
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤澤 佑介 / Yusuke Fujisawa / フジサワ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨里 繁 / Shigeru Tomisato / トミサト シゲル
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 秦 正治 / Masaharu Hata / ハタ マサハル
第4著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-30 13:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2014-59 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.284 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2014-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会