電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-30 13:00
[ポスター講演]Channel Assignment Method for Effective Entry of New Secondary Users in Cognitive Radio
Takashi KosugiTakeo FujiiUniv. of Electro-Comm.SR2014-64
抄録 (和) Recently, wireless communication is facing shortage of spectrum resource. However, spectrum resource is not utilized completely in time and space domain. In order to obtain better conditioned spectrum resource, spectrum sharing using cognitive radio technology has attracted attention. In the spectrum sharing, unlicensed users (secondary users: SUs) exploit white space (WS) which is unused band by licensed users (primary users: PUs). In the related work, the channel assignment method maximizing the SU communication quality while protecting the PU is proposed when multiple SUs exist. In this method, the distance between SUs using the same channel is maximized and mutual interference among SUs is minimized so as to maximize SU communication quality. Therefore, it may cause the spatial fragmentation of spectrum resource and new SUs are difficult to use the same channel. In this paper, a novel channel assignment method based on the perimeter to area ratio of WS is proposed. In the proposed method, WS is formed for easy entry of new SUs when the channels are assigned to new SUs. The central control server with SU information is prepared and it assigns a channel to new SUs successively. Through computer simulations, increment of the number of SUs with an assigned channel and effective utilization of WS by new SUs are shown. 
(英) Recently, wireless communication is facing shortage of spectrum resource. However, spectrum resource is not utilized completely in time and space domain. In order to obtain better conditioned spectrum resource, spectrum sharing using cognitive radio technology has attracted attention. In the spectrum sharing, unlicensed users (secondary users: SUs) exploit white space (WS) which is unused band by licensed users (primary users: PUs). In the related work, the channel assignment method maximizing the SU communication quality while protecting the PU is proposed when multiple SUs exist. In this method, the distance between SUs using the same channel is maximized and mutual interference among SUs is minimized so as to maximize SU communication quality. Therefore, it may cause the spatial fragmentation of spectrum resource and new SUs are difficult to use the same channel. In this paper, a novel channel assignment method based on the perimeter to area ratio of WS is proposed. In the proposed method, WS is formed for easy entry of new SUs when the channels are assigned to new SUs. The central control server with SU information is prepared and it assigns a channel to new SUs successively. Through computer simulations, increment of the number of SUs with an assigned channel and effective utilization of WS by new SUs are shown.
キーワード (和) コグニティブ無線 / チャネル割り当て / 周波数共用 / / / / /  
(英) Cognitive Radio / Channel Assignment / Spectrum Sharing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 284, SR2014-64, pp. 31-32, 2014年10月.
資料番号 SR2014-64 
発行日 2014-10-23 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2014-64

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2014-10-30 - 2014-10-31 
開催地(和) I2R, シンガポール 
開催地(英) I2R, Singapore 
テーマ(和) 国際ワークショップ (1種研) 
テーマ(英) International Workshop (SmartCom 2014) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2014-10-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel Assignment Method for Effective Entry of New Secondary Users in Cognitive Radio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) チャネル割り当て / Channel Assignment  
キーワード(3)(和/英) 周波数共用 / Spectrum Sharing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小杉 臣史 / Takashi Kosugi / コスギ タカシ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-30 13:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2014-64 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.284 
ページ範囲 pp.31-32 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-SR-2014-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会