電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-27 11:35
AFリレー伝送C-HTRCI-MIMO/OFDMにおける干渉分散値を用いたチャネル推定強化法
井田悠太山口大)・安 昌俊千葉大)・松元隆博松藤信哉山口大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 通信の高品質化を実現する方法として,AF(Amplify-and-forward)リレー伝送を用いたMIMO/OFDM(Multiple-input multiple-output/Orthogonal frequency division multiplexing)が提案されている.一方で,AFリレー伝送は送信局-中継局間と中継局-受信局間のチャネルを受信局において同時推定しなければならない問題がある.一般に,チャネル推定(CE: Channel estimation)はパイロット信号を用いるが,AFリレーMIMO/OFDMは多くのパイロット信号を要求する.上記問題を解決するために,本論文はAFリレーMIMO/OFDMにおける少ないパイロット信号でCEを実現する複素信号を用いたC-HTRCI(Complex high time resolution carrier interferometry)パイロット信号を提案する.さらに,本論文はビット誤り率(BER: Bit error rate)特性を向上させるために干渉分散値を用いたCEの強化も提案する.コンピュータシミュレーション結果から,提案法はBER特性の改善と最良のスループット特性を示した. 
(英) To achieve high quality communications, amplify-and-forward (AF) relay multiple-input multiple-output (MIMO) orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) systems have been proposed. On the other hand, they require the estimation of the channel between the source-relay and relay-destination nodes in the receiver. In general, channel estimation (CE) uses a pilot signal. However, AF relay MIMO/OFDM requires many pilot signals. Therefore, in this paper, we propose a complex high time resolution carrier interferometry (C-HTRCI) to mitigate the above problem for AF relay MIMO/OFDM systems. Moreover, we propose also the enhanced CE based on the interference variance to more improve the bit error rate (BER) performance. From the simulation result, the proposed method shows the improvement of the BER performance and the best throughput performance.
キーワード (和) AFリレー / MIMO / OFDM / C-HTRCI / チャネル推定 / 干渉分散値 / /  
(英) AF Relay / MIMO / OFDM / C-HTRCI / Channel estimation / Interference variance / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 279, SRW2014-27, pp. 13-18, 2014年10月.
資料番号 SRW2014-27 
発行日 2014-10-20 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SRW  
開催期間 2014-10-27 - 2014-10-27 
開催地(和) 千葉大学(西千葉キャンパス けやき会館) 
開催地(英) Chiba University 
テーマ(和) Network,MAC,センサー関連技術,一般 
テーマ(英) Network,MAC,sensor,etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2014-10-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AFリレー伝送C-HTRCI-MIMO/OFDMにおける干渉分散値を用いたチャネル推定強化法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Enhanced Channel Estimation Based on Interference Variance for AF Relay C-HTRCI-MIMO/OFDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) AFリレー / AF Relay  
キーワード(2)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(3)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(4)(和/英) C-HTRCI / C-HTRCI  
キーワード(5)(和/英) チャネル推定 / Channel estimation  
キーワード(6)(和/英) 干渉分散値 / Interference variance  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井田 悠太 / Yuta Ida / イダ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安 昌俊 / Chang-Jun Ahn / アン チャンジュン
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松元 隆博 / Takahiro Matsumoto / マツモト タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松藤 信哉 / Shinya Matsufuji / マツフジ シンヤ
第4著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-27 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2014-27 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.279 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2014-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会