お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-24 11:10
インタラクティブパブリックディスプレイの角度要因はパーソナルスペースに影響を及ぼすか? ~ ミュージアムでのフィールドスタディから ~
市野順子香川大)・磯田和生上田哲也佐藤玲美大日本印刷HCS2014-70
抄録 (和) 本稿では,インタラクティブディスプレイの角度(0・20・45・90°)が美術館の来場者のパーソナルスペースにどのような影響を与えるかを探る.フィールドスタディから,45°のディスプレイは0°・20°・90°のディスプレイと比較して,人々がディスプレイ空間をパーソナルスペースとして意識する程度が極めて高く,また,パーソナルスペースのサイズは45°,0°,90°の順に大きいことがわかった.45°は必ずしも0°と90°の中間的な性質を有した「無難」な角度ではなかった.45°のパブリックディスプレイをデザインする際は十分な検討が必要である. 
(英) We installed an interactive exhibition in a museum and investigated, through a field study, how the display angles of 0, 20, 45 and 90 degrees of the interactive display used in the interactive exhibition influenced personal space of the museum visitors. Our field study revealed that a person in the 45° display space strongly considers the display space to be personal space compared with the other three angles and that the larger personal space is 45°, 0°, and 90° display, in that order. We also revealed that the 45° display was not necessary a "reasonable and safe compromise" with the intermediate characteristics of the 0° and 90° displays.
キーワード (和) パブリックディスプレイ / ディスプレイ角度 / ミュージアム / フィールドスタディ / パーソナルスペース / / /  
(英) Public display / Display angle / Museum / Field study / Personal space / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 273, HCS2014-70, pp. 61-66, 2014年10月.
資料番号 HCS2014-70 
発行日 2014-10-16 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2014-70

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-10-23 - 2014-10-24 
開催地(和) 東京農工大学(小金井) 
開催地(英) Tokyo Univ. Agriculture and Technology (Koganei) 
テーマ(和) コミュニケーションの計測・モデル化および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-10-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インタラクティブパブリックディスプレイの角度要因はパーソナルスペースに影響を及ぼすか? 
サブタイトル(和) ミュージアムでのフィールドスタディから 
タイトル(英) Does the Interactive Public Display Angle Make a Difference in Personal Space? 
サブタイトル(英) A Field Study in a Museum 
キーワード(1)(和/英) パブリックディスプレイ / Public display  
キーワード(2)(和/英) ディスプレイ角度 / Display angle  
キーワード(3)(和/英) ミュージアム / Museum  
キーワード(4)(和/英) フィールドスタディ / Field study  
キーワード(5)(和/英) パーソナルスペース / Personal space  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 市野 順子 / Junko Ichino / イチノ ジュンコ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯田 和生 / Kazuo Isoda / イソダ カズオ
第2著者 所属(和/英) 大日本印刷株式会社 (略称: 大日本印刷)
Dai Nippon Printing Co., Ltd. (略称: DNP)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 哲也 / Tetsuya Ueda / ウエダ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 大日本印刷株式会社 (略称: 大日本印刷)
Dai Nippon Printing Co., Ltd. (略称: DNP)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 玲美 / Reimi Satoh / サトウ レイミ
第4著者 所属(和/英) 大日本印刷株式会社 (略称: 大日本印刷)
Dai Nippon Printing Co., Ltd. (略称: DNP)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-24 11:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2014-70 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.273 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2014-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会