電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-24 12:10
神経難病患者を対象とした筋電センサースイッチの検討
伊藤史人縄手雅彦島根大HCS2014-72
抄録 (和) ALS等の神経難病患者のコミュニケーション手段として意思伝達装置を使った方法がある.意思伝達装置の操作はスイッチを利用するのが一般的である.しかしながら,症状が進行するとスイッチの適合がたいへん困難になる.一般的には接点式・圧電式や空気圧式スイッチがよく使われる.生体電位方式のひとつである筋電センサースイッチも有効に利用できる可能性があるが,未だ患者に対する検証が十分ではない.本論文では,筋電センサースイッチを製作し,ALS患者の利用試験の結果からスイッチ適合性を検討した. 
(英) There is a method that uses a communication aid as a means of communication. It is a general procedure of communication aid is to use the switch. However , adaptation of the switch is very difficult symptom progresses. Pneumatic switch contacts and ceremony, piezoelectric is often used in general. It is possible that EMG sensor switch which is one of the biopotential system can also be used effectively , but the verification of the patient is not yet sufficient. In this paper, we produced a myoelectric sensor switch , and examined the compatibility switch from the results of the test use of ALS patients .
キーワード (和) 神経難病 / 筋電 / スイッチ / 意思伝達装置 / / / /  
(英) Rare Disease / EMG / Switch / Communication Aid / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 273, HCS2014-72, pp. 71-74, 2014年10月.
資料番号 HCS2014-72 
発行日 2014-10-16 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2014-72

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-10-23 - 2014-10-24 
開催地(和) 東京農工大学(小金井) 
開催地(英) Tokyo Univ. Agriculture and Technology (Koganei) 
テーマ(和) コミュニケーションの計測・モデル化および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-10-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 神経難病患者を対象とした筋電センサースイッチの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of the EMG Sensor Switch for Intractable Neurological Diseases 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 神経難病 / Rare Disease  
キーワード(2)(和/英) 筋電 / EMG  
キーワード(3)(和/英) スイッチ / Switch  
キーワード(4)(和/英) 意思伝達装置 / Communication Aid  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 史人 / Fumihito Ito / イトウ フミヒト
第1著者 所属(和/英) 島根大学 (略称: 島根大)
Shimane University (略称: Shimane Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 縄手 雅彦 / Masahiko Nawate / ナワテ マサヒコ
第2著者 所属(和/英) 島根大学 (略称: 島根大)
Shimane University (略称: Shimane Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-24 12:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2014-72 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.273 
ページ範囲 pp.71-74 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HCS-2014-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会