電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-24 09:00
協同問題解決のプランニングにおける発言とシナリオ評価への影響
早矢仕晃章大澤幸生東大HCS2014-66
抄録 (和) アクション・プランニングとは,実社会の問題を解決し,人間の意思決定を支援するシナリオ創出手法である.本論文では,集団におけるコミュニケーションに着目し,アクション・プランニングによる協同問題解決中の発言を「非同調的発言」,「同調的発言」,「中立的発言」,「協調的発言」の4つに分類し,創出されたシナリオの評価との関係について分析を行った.実験において,「協調的発言」を含む問題解決プロセスを経て創出されたシナリオは評価が高いことが示唆された.また,シナリオ生成段階を知識の「表出化」と「系列化」に分け,それぞれの段階における発言と記述量を比較し,シナリオの評価への影響について考察する. 
(英) Action Planning is a method for supporting human decision making by creating strategic scenarios. In this study, we focus on communication in the process of collaborative problem solving, and classify the remarks in the process into four categories. The result suggests that the highly evaluated scenarios were created through the problem-solving process including the “cooperative remark.” Moreover, we divide the scenario planning process into “externalization” and “serialization” of knowledge, and discuss the effect to the evaluations of scenarios comparing the amount of description and statement of each stage.
キーワード (和) 協同問題解決 / シナリオ / コミュニケーション / 意思決定 / / / /  
(英) Collaborative Problem Solving / Scenario / Communication / Decision Making / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 273, HCS2014-66, pp. 37-42, 2014年10月.
資料番号 HCS2014-66 
発行日 2014-10-16 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2014-66

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-10-23 - 2014-10-24 
開催地(和) 東京農工大学(小金井) 
開催地(英) Tokyo Univ. Agriculture and Technology (Koganei) 
テーマ(和) コミュニケーションの計測・モデル化および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-10-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 協同問題解決のプランニングにおける発言とシナリオ評価への影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Scenario Evaluations and Communication in Planning Process of Collaborative Problem Solving 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 協同問題解決 / Collaborative Problem Solving  
キーワード(2)(和/英) シナリオ / Scenario  
キーワード(3)(和/英) コミュニケーション / Communication  
キーワード(4)(和/英) 意思決定 / Decision Making  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 早矢仕 晃章 / Teruaki Hayashi / ハヤシ テルアキ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 幸生 / Yukio Ohsawa / オオサワ ユキオ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-24 09:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2014-66 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.273 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2014-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会