電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-24 10:00
二重振子の運動から知覚されるアニマシー
深井英和寺田和憲岐阜大)・竹内勇剛静岡大)・伊藤 昭岐阜大HCS2014-68
抄録 (和) 対象の運動から感じられるアニマシーの知覚要因については明らかになっていないことが多い.本研究では,運動方程式によって決定論的に記述される二重振子の運動がカオス性を有することを利用して,アニマシーの知覚要因を明らかにした.実験参加者に,最も生物らしく感じる運動と最も生物らしく感じない運動に相当する二重振子の二つのパラメータ(リンク比と質点の重量比)を調整法によって同定することを求めた.得られたパラメータでの運動に対してエントロピーや時間周波数の解析を行った結果,確率的要素の少ない周期的な運動に対しては生物性を感じにくく,また,単に動きのランダムネスが大きい場合であっても生物性知覚は減少した.一方で,ある特定の小さな円運動が不定期に生じるといった,時間構造を持った非定常な確率的現象に対し高い生物性が知覚されることが分かった. 
(英) We perceive a certain sense of animacy in some types of motion of objects but it is not unclear which characteristics of the motion cause us such a sense. In this study, we revealed the cause of the animacy perception through psychological experiments using the motion of double-pendulum simulation. The double-pendulum equations have variety in motion from simple swinging pendulum to chaos depending on their parameters. The experimental participants are instructed to adjust the parameters in which they perceive animacy strongest and also weakest. Our results indicate we do not perceive animacy in periodical motions with little stochastic factor. Furthermore, our perception of animacy was comparatively small on most random motions. On the other hand, we perceived animacy strongly on non-stationary random motions with time structure such as the motions in which small circular movements occur irregularly.
キーワード (和) アニマシー / 二重振子 / カオス / 非定常確率過程 / / / /  
(英) animacy / double-pendulum / chaos / non-stationary random process / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 273, HCS2014-68, pp. 49-53, 2014年10月.
資料番号 HCS2014-68 
発行日 2014-10-16 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2014-68

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-10-23 - 2014-10-24 
開催地(和) 東京農工大学(小金井) 
開催地(英) Tokyo Univ. Agriculture and Technology (Koganei) 
テーマ(和) コミュニケーションの計測・モデル化および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-10-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二重振子の運動から知覚されるアニマシー 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Perceiving Animacy from the Double-Pendulum Movement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アニマシー / animacy  
キーワード(2)(和/英) 二重振子 / double-pendulum  
キーワード(3)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(4)(和/英) 非定常確率過程 / non-stationary random process  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 深井 英和 / Hidekazu Fukai / フカイ ヒデカズ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺田 和憲 / Kazunori Terada / テラダ カズノリ
第2著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 勇剛 / Yugo Takeuchi / タケウチ ユウゴ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 昭 / Akira Ito / イトウ アキラ
第4著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-24 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2014-68 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.273 
ページ範囲 pp.49-53 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-HCS-2014-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会