電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-23 13:00
説得力の強い話し方における話者の声質および動作の因子分析
平林由紀子石丸真子日立)・北原義典東京農工大HCS2014-60
抄録 (和) 教育用対話エージェントの開発を目指し,説得力の強い人間の音声及び動作に対して印象評定を行い,説得力に関する因子を探索した。35名分の,大会場で聴衆に向けてスピーチをしている話者の動画を分析対象とし,125名の評定者に話者の説得力の強さを評価してもらい,その強さに応じて話者をグループ分けした。さらに声質印象語10語,話しぶり印象語12語を用いて印象評定を行ってもらい,得られたデータを因子分析した結果,声質は明瞭性及び快適性因子に分解でき,説得力の強い話者は明瞭性が強いことがわかった。動作は躍動性及び親近性因子に分解でき,説得力の強い話者は躍動性と親近性の両方が高いことがわかった。 
(英) We have investigated characteristic factors of voice and gesture of persuasive speaker for development the voice interaction agent of the education systems. We analyzed motion videos of 35 speakers, who make speech for a large audience at the large conference rooms. The subjects rated on a five-point scale of persuasive levels of the speakers' voice and gesture, and the speakers were divided into persuasive and unpersuasive groups. Then the speakers’ impressions were rated by the subjects using 10 assessment words of voice and 12 assessment words of gesture. Factor analysis was performed for the impression rating data. As a result, we have found the characteristic factors of the voice were clear and comfort factors, and the clear factor of the persuasive speakers was larger than that of the unpersuasive speakers. And the characteristic factors of gesture were active and affinity factors, and the both factors of persuasive speaker were larger than the unpersuasive speakers.
キーワード (和) 説得力 / スピーチ / 音声 / 動作 / 印象評定 / 因子分析 / /  
(英) Persuasiveness / Speech / Voice / Gesture / Impression Rating / Factor Analysis / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 273, HCS2014-60, pp. 1-6, 2014年10月.
資料番号 HCS2014-60 
発行日 2014-10-16 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2014-60

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-10-23 - 2014-10-24 
開催地(和) 東京農工大学(小金井) 
開催地(英) Tokyo Univ. Agriculture and Technology (Koganei) 
テーマ(和) コミュニケーションの計測・モデル化および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-10-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 説得力の強い話し方における話者の声質および動作の因子分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis for Phonetic and Gestural factors of Persuasive Speakers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 説得力 / Persuasiveness  
キーワード(2)(和/英) スピーチ / Speech  
キーワード(3)(和/英) 音声 / Voice  
キーワード(4)(和/英) 動作 / Gesture  
キーワード(5)(和/英) 印象評定 / Impression Rating  
キーワード(6)(和/英) 因子分析 / Factor Analysis  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平林 由紀子 / Yukiko Hirabayashi / ヒラバヤシ ユキコ
第1著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石丸 真子 / Masako Ishimaru / イシマル マサコ
第2著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 義典 / Yoshinori Kitahara / キタハラ ヨシノリ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. Agriculture and Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-23 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2014-60 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.273 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2014-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会