電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-23 14:00
演芸における観客どうしの相互作用を推定する
野村亮太岡田 猛東大HCS2014-62
抄録 (和) 近年,映画や落語の鑑賞者のまばたきが互いに同期しうることが知られてきた。本研究では,まばたき同期に影響する観客の相互作用の性質と程度を検討するために,実験室に再現した落語会に参加した観客(20名中6名および31名中6名を抽出)と実験室での個人実験の参加者(60名)とで,まばたき同期(=ずれの小ささ)の程度を比較した.分析の結果,鑑賞した口演に関わらず,一貫して落語会で観察されたまばたきどうしのずれの大きさは,測定開始時点を合わせた個人実験で観察されたまばたきのずれに比べて小さく,分散も小さかった.特に,落語の鑑賞経験がほぼない観客においては,前者は後者の約50%程度とかなり低かった.これらの結果は,演芸における相互作用が引力的に働き,観客どうしを同期に向かわせる“場”を形成していることを示唆する. 
(英) Recently, some researcher has explored that synchronization of eye-blinks among appreciators who view a movie or Rakugo performance. In the current study, the eye-blink synchronization (=less temporal discrepancy of eye-blink between two persons or more) was calculated using eye-blinks responses gain from two groups; (1) audience members (6 out of 21 first-time viewers and 6 out of 31 frequent viewers) who were viewing a live Rakugo performance in situ and (2) audience members (15 first-time viewers and 15 frequent viewers) who were viewing the videotaped performance in experimental settings. The results demonstrated that the mean values and deviations of temporal discrepancy (Dinterval) were much lower within among audience members in situ than those of the individual experimental settings. Regarding audience member who had almost no knowledge about Rakugo, the Dinterval s of group settings were approximately 50% compared to that of individual settings. These findings suggest that interactions in vaudeville setting seemed to influence each other in attractive way and it may contribute to create a “field” that would guide audience to synchronization.
キーワード (和) 場理論 / 集合行動 / 同期 / 相互引き込み現象 / 強制引き込み現象 / 落語 / 熟達化 /  
(英) field theory / collective behavior / synchronization / mutual entrainment / forced entrainment / Rakugo / expertise /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 273, HCS2014-62, pp. 13-18, 2014年10月.
資料番号 HCS2014-62 
発行日 2014-10-16 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2014-62

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-10-23 - 2014-10-24 
開催地(和) 東京農工大学(小金井) 
開催地(英) Tokyo Univ. Agriculture and Technology (Koganei) 
テーマ(和) コミュニケーションの計測・モデル化および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-10-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 演芸における観客どうしの相互作用を推定する 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of interactions among audience members in vaudeville settings 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 場理論 / field theory  
キーワード(2)(和/英) 集合行動 / collective behavior  
キーワード(3)(和/英) 同期 / synchronization  
キーワード(4)(和/英) 相互引き込み現象 / mutual entrainment  
キーワード(5)(和/英) 強制引き込み現象 / forced entrainment  
キーワード(6)(和/英) 落語 / Rakugo  
キーワード(7)(和/英) 熟達化 / expertise  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 亮太 / Ryota Nomura / ノムラ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 猛 / Takeshi Okada / オカダ タケシ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-23 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2014-62 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.273 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2014-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会