お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-23 16:15
複数プローブ光を用いた遠端反射ブリルアン利得解析法による高信頼分岐光ファイバセンシング
鬼頭千尋NTT)・伊藤文彦島根大)・高橋 央戸毛邦弘真鍋哲也NTTOFT2014-29
抄録 (和) 我々は、光アクセス媒体網の遠隔監視を目的として、光スプリッタ下部心線の個別損失分布を測定可能な遠端反射ブリルアン利得解析法を提案している。本稿では、遠端反射ブリルアン利得解析法に用いるブリルアン散乱が温度やひずみにも感度を持つこと、および分岐光ファイバセンサがロバスト性やセンサトポロジの自由度に優れることに着目し、複数プローブ光送出による高速化を図った分岐光ファイバセンサ技術について検討した。 
(英) Recently, we proposed end-reflection assisted Brillouin analysis to aim for monitoring branched fiber loss distribution in passive optical networks. In this paper, our proposed method is applied to branched fiber sensing, because Brillouin analysis can be detected temperature and strain. For the sensing, we employed multi-probe pulse arrangement to improve the system dynamic range compared with a previously reported approach that uses a single pair of pump and probe pulses. This technique is promising in parallel fiber sensing that enhances the system reliability, robustness, and sensor topology flexibility.
キーワード (和) ブリルアン利得解析 / センシング / 温度 / / / / /  
(英) Brillouin gain analysis / Optical sensing / Temperature / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 269, OFT2014-29, pp. 33-38, 2014年10月.
資料番号 OFT2014-29 
発行日 2014-10-16 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2014-29

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2014-10-23 - 2014-10-24 
開催地(和) 三宮コンベンションセンター 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2014-10-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数プローブ光を用いた遠端反射ブリルアン利得解析法による高信頼分岐光ファイバセンシング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High Reliability Branched Fiber Sensing with Multi-probe Pulse End-reflection Assisted Brillouin Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブリルアン利得解析 / Brillouin gain analysis  
キーワード(2)(和/英) センシング / Optical sensing  
キーワード(3)(和/英) 温度 / Temperature  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鬼頭 千尋 / Chihiro Kito / キトウ チヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 文彦 / Fumihiko Ito / イトウ フミヒコ
第2著者 所属(和/英) 島根大学 (略称: 島根大)
Shimane University (略称: Shimane Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 央 / Hiroshi Takahashi / タカハシ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸毛 邦弘 / Kunihiro Toge / トゲ クニヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 真鍋 哲也 / Tetsuya Manabe / マナベ テツヤ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-23 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2014-29 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.269 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OFT-2014-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会