お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-23 15:00
慣性センサを用いたフライングディスク投動作解析システムの開発
山岡滉治青柳貴洋東工大MICT2014-49
抄録 (和) モーションキャプチャ装置やカメラを利用してスポーツの動作を解析し定量的に評価する研究は多く存在する.しかし,それらの機器は非常に大きなコストを必要とする.我々はフライングディスクの投動作を対象にマイクロコンピュータの一つであるArduino nanoと慣性センサを用いて動作を評価する安価なシステムを開発した.また,そのシステムの精度の検証を行うと同時に,実際にそのシステムを用いることで得られるパラメータについて検討した.その結果、手の上部、左部にセンサを配置することで最も大きな値を取得できることが分かった.今後は熟練度を評価するために配置するべきセンサの位置について検討を行う. 
(英) There have been numerous studies conducted using a motion capture and a camera to analyze and quantitatively evaluate human locomotion in athletic activities. However, the costs of these equipments are very high. We have developed an inexpensive system with Arduino nano, a microcontroller, and inertial sensors which analyzes flying disc throwing movement to assess the accuracy of the system’s measurement. In addition, we discuss the actual parameters that can be obtained by using the system. As a result, it is cleared that upper or left position of hand could capture the highest parameter. we will discuss about sensor position to evaluate proficiency after this.
キーワード (和) 訓練支援システム / 教具開発 / 慣性センサ / フライングディスク / Arduino / / /  
(英) Training Support System / Development of Teaching System / Inertial Sensor / Flying Disc / Arduino / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 270, MICT2014-49, pp. 19-23, 2014年10月.
資料番号 MICT2014-49 
発行日 2014-10-16 (MICT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MICT2014-49

研究会情報
研究会 MICT  
開催期間 2014-10-23 - 2014-10-23 
開催地(和) 富山大学 五福キャンパス 
開催地(英) University of Toyama (Gofuku Campus) 
テーマ(和) ヘルスケア・医療情報通信技術,一般 
テーマ(英) Healthcare and Medical Information Communication Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MICT 
会議コード 2014-10-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 慣性センサを用いたフライングディスク投動作解析システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and evaluation of flying disc throwing motion analysis system using a motion sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 訓練支援システム / Training Support System  
キーワード(2)(和/英) 教具開発 / Development of Teaching System  
キーワード(3)(和/英) 慣性センサ / Inertial Sensor  
キーワード(4)(和/英) フライングディスク / Flying Disc  
キーワード(5)(和/英) Arduino / Arduino  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 滉治 / Koji Yamaoka / ヤマオカ コウジ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青柳 貴洋 / Takahiro Aoyagi / アオヤギ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-23 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MICT 
資料番号 IEICE-MICT2014-49 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.270 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MICT-2014-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会