お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-23 13:50
ネットワークアナライザの校正手法と測定精度についての実験的比較
渡邊尚幸礒田陽次笹森崇行戸花照雄秋田県立大EMCJ2014-49 MW2014-105 EST2014-63 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2014-105 EST2014-63
抄録 (和) ネットワークアナライザの校正手法として,SOLT校正とTRL校正があり,どちらも校正キットを付け替えて校正を行う.しかし,安価なコネクタを校正キット用基板に半田付けして測定するとき,コネクタのバラツキにより正確な校正が行えず,測定精度に影響する課題がある.本報告では同一コネクタによる校正と個別のコネクタを半田付けし校正したときの精度の違いを明らかにした. また,安価なコネクタは0.4dB程度の誤差を許容できる測定であれば,十分に使用可能であることを示す. 
(英) There are TRL calibration and SOLT calibration for the network analyzer calibration. Both calibrations are calibrated by exchanging calibration kits. However, when using the inexpensive connectors soldering to the substrate, the correct calibration cannot be performed due to the fluctuation of the connector. This affects the measurement accuracy. In this report, we will show the experimental results that calibrated using the same connector and calibrated using the soldered inexpensive connector to the substrate. From this experiment, we will show that the inexpensive connector is possible to be used for the measurement including the 0.4dB error.
キーワード (和) SOLT校正 / TRL校正 / Port extension / コネクタのバラツキ / / / /  
(英) SOLT / TRL / Port extension / Fluctuation of the connector / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 267, MW2014-105, pp. 41-44, 2014年10月.
資料番号 MW2014-105 
発行日 2014-10-16 (EMCJ, MW, EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2014-49 MW2014-105 EST2014-63 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2014-105 EST2014-63

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-EMC MW EST  
開催期間 2014-10-23 - 2014-10-24 
開催地(和) 秋田県立大 本荘キャンパス 
開催地(英) Akita Prefectural Univ. 
テーマ(和) マイクロ波,電磁界シミュレーション,EMC一般 
テーマ(英) Microwave,, Electromagnetic Analysis, EMC, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2014-10-EMCJ-EMC-MW-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワークアナライザの校正手法と測定精度についての実験的比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental comparison of measurement accuracy caused by calibration method of network analyzer. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SOLT校正 / SOLT  
キーワード(2)(和/英) TRL校正 / TRL  
キーワード(3)(和/英) Port extension / Port extension  
キーワード(4)(和/英) コネクタのバラツキ / Fluctuation of the connector  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 尚幸 / Naoyuki Watanabe / ワタナベ ナオユキ
第1著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita prefectural University (略称: Akita pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 礒田 陽次 / Yoji Isota / イソタ ヨウジ
第2著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita prefectural University (略称: Akita pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹森 崇行 / Takayuki Sasamori / ササモリ タカユキ
第3著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita prefectural University (略称: Akita pref. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸花 照雄 / Teruo Tobana / トバナ テルオ
第4著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita prefectural University (略称: Akita pref. Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-23 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-EMCJ2014-49,IEICE-MW2014-105,IEICE-EST2014-63 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.266(EMCJ), no.267(MW), no.268(EST) 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMCJ-2014-10-16,IEICE-MW-2014-10-16,IEICE-EST-2014-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会