電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-22 11:00
テラヘルツ波帯における真空デバイスの開発動向と取組
吉田 満岡本耕治増田則夫松岡順一ネットコムセック)・関根徳彦菅野敦史川西哲也寳迫 巌NICTエレソ技報アーカイブへのリンク:ED2014-71
抄録 (和) テラヘルツ波は、これまでも電波天文や分析の分野で広く研究されてきたが、更に、工業、医療、バイオ、セキュリティさまざまな分野での応用が期待されている。しかしながら、真空デバイスと光デバイスの狭間付近には、テラヘルツギャップと呼ばれる有益なデバイスのない領域が存在している。テラヘルツ技術の発展のためには、この領域でのデバイス開発がひとつの課題とされており、現状の真空デバイスの側から見た開発動向と当社の取組を紹介する。 
(英) The terahertz wave radiation has been studied in astronomy, analytical science and limited field. The applicability in the various fields expects more industry, medical treatment, biotechnology and security. However, the terahertz region is called the terahertz gap, around the gorge of microwave devices and photonic devices. The device development at this region is made one problem for terahertz technology. Today, We report the development trend and our activity in this region from the side of the vacuum electronics device.
キーワード (和) テラヘルツ / 真空デバイス / 進行波管 / 増幅器 / / / /  
(英) Terahertz / Vacuum Electronics / TWT / Amplifier / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 262, ED2014-71, pp. 43-47, 2014年10月.
資料番号 ED2014-71 
発行日 2014-10-14 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2014-10-21 - 2014-10-22 
開催地(和) 北大エンレイソウ 
開催地(英) Hokkaido Univ. (Faculty House Trillium) 
テーマ(和) 電子管と真空ナノエレクトロニクス及びその評価技術 
テーマ(英) Electron Tube, Vacuum Nanoelectronics, and Their Characterization Techniques 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2014-10-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テラヘルツ波帯における真空デバイスの開発動向と取組 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development Trend and Activity of Vacuum Electronics in THz Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テラヘルツ / Terahertz  
キーワード(2)(和/英) 真空デバイス / Vacuum Electronics  
キーワード(3)(和/英) 進行波管 / TWT  
キーワード(4)(和/英) 増幅器 / Amplifier  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 満 / Mitsuru Yoshida / ヨシダ ミツル
第1著者 所属(和/英) 株式会社ネットコムセック (略称: ネットコムセック)
NETCOMSEC Co. Ltd. (略称: NCS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 耕治 / Koji Okamoto / オカモト コウジ
第2著者 所属(和/英) 株式会社ネットコムセック (略称: ネットコムセック)
NETCOMSEC Co. Ltd. (略称: NCS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 則夫 / Norio Masuda / マスダ ノリオ
第3著者 所属(和/英) 株式会社ネットコムセック (略称: ネットコムセック)
NETCOMSEC Co. Ltd. (略称: NCS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 順一 / Junichi Matsuoka / マツオカ ジュンイチ
第4著者 所属(和/英) 株式会社ネットコムセック (略称: ネットコムセック)
NETCOMSEC Co. Ltd. (略称: NCS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 関根 徳彦 / Norihiko Sekine / セキネ ノリヒコ
第5著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 敦史 / Atsushi Kanno / カンノ アツシ
第6著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 川西 哲也 / Tetsuya Kawanishi / カワニシ テツヤ
第7著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 寳迫 巌 / Iwao Hosako / ホウサコ イワオ
第8著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-22 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2014-71 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.262 
ページ範囲 pp.43-47 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ED-2014-10-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会