お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-21 16:20
a-Seのキャリア増倍を利用した光検出器の高感度化
増澤智昭静岡大)・大西正徳胡谷大志大畑慧訓月村玲菜落合 潤齋藤市太郎国際基督教大)・山田貴壽産総研)・根尾陽一郎三村秀典静岡大)・岡野 健国際基督教大ED2014-67 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2014-67
抄録 (和) アモルファスセレン(a-Se)を用いた光検出器は,高い位置分解能と応答速度を兼ね備え,さらにキャリア増倍による高感度化が可能であるという利点を有する.本研究では,キャリア増倍を用いた高感度化の原理解明と感度の更なる向上のため,a-Se膜内部での電界強度の見積りと感度評価方法の検討を行った. 
(英) Amorphous selenium (a-Se) is a promising material for high-sensitivity photodetector due to its high spatial resolution, response speed, as well as sensitivity enhancement utilizing carrier multiplication effect. The physics of carrier multiplication effect is, however, still far from complete understanding. In this study, carrier multiplication in a-Se is demonstrated, and electric field across a-Se was estimated to clarify the mechanism of carrier multiplication in a-Se.
キーワード (和) アモルファスセレン / 光検出器 / 真空電子デバイス / ダイヤモンド / 冷陰極 / / /  
(英) amorphous selenium / photodetector / vacuum electronics / diamond / cold cathode / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 262, ED2014-67, pp. 25-28, 2014年10月.
資料番号 ED2014-67 
発行日 2014-10-14 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2014-67 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2014-67

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2014-10-21 - 2014-10-22 
開催地(和) 北大エンレイソウ 
開催地(英) Hokkaido Univ. (Faculty House Trillium) 
テーマ(和) 電子管と真空ナノエレクトロニクス及びその評価技術 
テーマ(英) Electron Tube, Vacuum Nanoelectronics, and Their Characterization Techniques 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2014-10-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) a-Seのキャリア増倍を利用した光検出器の高感度化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High sensitivity photodetection utilizing carrier multiplication in a-Se 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アモルファスセレン / amorphous selenium  
キーワード(2)(和/英) 光検出器 / photodetector  
キーワード(3)(和/英) 真空電子デバイス / vacuum electronics  
キーワード(4)(和/英) ダイヤモンド / diamond  
キーワード(5)(和/英) 冷陰極 / cold cathode  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増澤 智昭 / Tomoaki Masuzawa / マスザワ トモアキ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 正徳 / Masanori Onishi / オオニシ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 国際基督教大学 (略称: 国際基督教大)
International Christian University (略称: ICU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 胡谷 大志 / Taishi Ebisudani / エビスダニ タイシ
第3著者 所属(和/英) 国際基督教大学 (略称: 国際基督教大)
International Christian University (略称: ICU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大畑 慧訓 / Akinori Ohata / オオハタ アキノリ
第4著者 所属(和/英) 国際基督教大学 (略称: 国際基督教大)
International Christian University (略称: ICU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 月村 玲菜 / Reina Tsukimura / ツキムラ レイナ
第5著者 所属(和/英) 国際基督教大学 (略称: 国際基督教大)
International Christian University (略称: ICU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 潤 / Jun Ochiai / オチアイ ジュン
第6著者 所属(和/英) 国際基督教大学 (略称: 国際基督教大)
International Christian University (略称: ICU)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 市太郎 / Ichitaro Saito / イチタロウ サイトウ
第7著者 所属(和/英) 国際基督教大学 (略称: 国際基督教大)
International Christian University (略称: ICU)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 貴壽 / Takatoshi Yamada / ヤマダ タカトシ
第8著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 根尾 陽一郎 / Yoichiro Neo / ネオ ヨウイチロウ
第9著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 三村 秀典 / Hidenori Mimura / ミムラ ヒデノリ
第10著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 健 / Ken Okano / オカノ ケン
第11著者 所属(和/英) 国際基督教大学 (略称: 国際基督教大)
International Christian University (略称: ICU)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-21 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2014-67 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.262 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ED-2014-10-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会