お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-17 10:10
シングルキャリア伝送におけるコンパレータヒステリシスを考慮したA/D変換器の非線形歪み軽減手法と特性評価
福重翔太牟田 修九大)・兼本大輔山梨大)・古川 浩九大RCS2014-175
抄録 (和) 送信電力増幅器の電力効率を改善するには,その入出力特性の線形性を高めることに加えて,ピーク電力対平均電力比(PAPR)の低い変調方式を用いることが重要である.
また, 受信機アナログ回路の回路規模を軽減するには,A/D変換器(ADC)を簡素化することが有効である.
本論文では, PAPRの低いシングルキャリア伝送を対象として, 受信機におけるA/D変換器の非線形歪みの影響を軽減する手法を検討する. ディザ信号およびヒステリシス効果を応用した提案A/D変換技術をQAMおよびオフセットQAM(OQAM)伝送の受信機に適用し、そのBER特性を評価した.
計算機シミュレーションにより、提案方式を用いることで非線形歪みの影響を軽減できることを示した. 
(英) To develop small size base and relay nodes, it is
desirable to improve power efficiency at power amplifier and reduce
required hardware complexities at analog receiver circuits; analogto-
digital (A/D) converter (ADC) and related analog hardware
designs are important factors to simplify the transceiver circuits
at each nodes. To mitigate the nonlinearity of a low resolution
ADC for reducing the required analog hardware complexity, we
have proposed two nonlinearity mitigation techniques are adopted,
i.e., the dither ADC and the hysteresis ADC. In this paper, we
investigate the effect of the linearity enhanced A/D conversion
techniques on the achievable performance in single carrier modulation systems, where the
dither ADC or the hysteresis ADC is adopted. Simulation results
demonstrated that both the dither ADC and the hysteresis ADC are effective
in improving BER performance of OQAM system and offset-QAM (OQAM) system affected by nonlinearity of ADC.
キーワード (和) A/D変換器(ADC) / 非線形歪み / シングルキャリア伝送 / ディザADC / ヒステリシスADC / / /  
(英) A/D converter(ADC) / Nonlinear distortion / Single carrier transmission / Dither ADC / Hysteresis ADC / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 254, RCS2014-175, pp. 105-110, 2014年10月.
資料番号 RCS2014-175 
発行日 2014-10-09 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2014-175

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2014-10-16 - 2014-10-17 
開催地(和) 慶應義塾大学 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化および一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シングルキャリア伝送におけるコンパレータヒステリシスを考慮したA/D変換器の非線形歪み軽減手法と特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Linearity Enhancement Technique and Its Performance Evaluation for A/D Converter Affected by Comparator Hysteresis in Single Carrier Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) A/D変換器(ADC) / A/D converter(ADC)  
キーワード(2)(和/英) 非線形歪み / Nonlinear distortion  
キーワード(3)(和/英) シングルキャリア伝送 / Single carrier transmission  
キーワード(4)(和/英) ディザADC / Dither ADC  
キーワード(5)(和/英) ヒステリシスADC / Hysteresis ADC  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福重 翔太 / Shota Fukushige / フクシゲ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牟田 修 / Osamu Muta / ムタ オサム
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 兼本 大輔 / Daisuke Kanemoto / カネモト ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. of Yamanashi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 浩 / Hiroshi Furukawa / フルカワ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-17 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-175 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.254 
ページ範囲 pp.105-110 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2014-10-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会