電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-17 11:15
外力を印加した結合ニューロンモデルの応答
美井野 優伊藤大輔上田哲史徳島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,ニューロンの挙動をシミュレートするために,ニューロンモデルと呼はれる数理モデルが用いられている.このニューロンモデルは様々なものが開発されており,これらの関する研究も広く行われている.特に, Izhikevich によって提唱されたモデルは,その計算コストの小ささと全ての発火パターンを表現できることから,近 年注目されつつある.さらに,このモデルは非線形特性を持つので非線形力学系特有の現象,分岐やカオスなどが発 生する.本研究では,二つの Izhikevich ニューロンモデルを Gap-Junction により結合した系に外力を印加した系を 対象とした解析と観察を行う. 
(英) Recently, to simulate the behavior of neuron’s action, the mathematical model called neuron model is well used. There are so many models developed and studies about them. Especially, the Izhikevich neuron model is recently well used because it can calculate the state with less cost and express all types of firing. In addition, the model has nonlinear characteristic and thus it can cause the bifurcation or chaotic phenomena. In this study, we consider the system, 2-coupled Izhikevich neuron model with a external force which has the same frequency as the original system.
キーワード (和) 非線形 / 結合ニューロン / 分岐解析 / カオス / / / /  
(英) Nonlinear / Coupled neuron / bifurcation analysis / chaos / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 250, NLP2014-69, pp. 119-123, 2014年10月.
資料番号 NLP2014-69 
発行日 2014-10-09 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2014-10-16 - 2014-10-17 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2014-10-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 外力を印加した結合ニューロンモデルの応答 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Phenomena on 2-coupled neuron model with an external harmonic force 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非線形 / Nonlinear  
キーワード(2)(和/英) 結合ニューロン / Coupled neuron  
キーワード(3)(和/英) 分岐解析 / bifurcation analysis  
キーワード(4)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 美井野 優 / Yuu Miino / ミイノ ユウ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 大輔 / Daisuke Ito / イトウ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 哲史 / Tetsushi Ueta / ウエタ テツシ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-17 11:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2014-75,IEICE-NLP2014-69 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.249(CAS), no.250(NLP) 
ページ範囲 pp.119-123 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2014-10-09,IEICE-NLP-2014-10-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会