お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-17 16:15
EPDCCHにおける判定帰還チャネル推定を用いる制御情報のブロック誤り率特性
平山慎也東京都市大)・武田和晃柿島佑一NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大RCS2014-191
抄録 (和) Long Term Evolution (LTE)-AdvancedのRelease 11無線インタフェースでは,マルチユーザMultiple-Input Multiple-Output (MIMO)やCoordinated Multi-Point (CoMP)送受信用に増大する下りリンク制御情報(DCI: Downlink Control Information)を送信するためにEnhanced Physical Downlink Control Channel (EPDCCH)が規定されている.
本稿では,EPDCCHにユーザ固有の復調用参照信号(DM-RS: Demodulation Reference Signal)に加えて,DCIの復号ビットから生成した軟判定シンボル推定値を用いる判定帰還チャネル推定(DFCE: Decision-Feedback Channel Estimation)を用いた場合のブロック誤り率(BLER: Block Error Rate)を計算機シミュレーションにより評価する.
シミュレーション結果より,DFCEはDM-RSのみを用いる場合に比較して,DCIの目標の平均BLERを満たすための所要平均受信SNRを満たすためのDM-RSの送信電力を低減でき,周辺セルに与える干渉の低減効果があることを示す. 
(英) In Release (Rel.) 11 Long Term Evolution (LTE)-Advanced radio interface, Enhanced Physical Downlink Control Channel (EPDCCH) is specified which transmits downlink control information (DCI) signals.
EPDCCH is frequency-domain-multiplexed with the data symbols and transmits larger number of DCI signals compared to Physical Downlink Control Channel (PDCCH) for Rel. 8 LTE due to the application of multiuser multiple-input multiple-output (MIMO) and coordinated multi-point (CoMP) transmission and reception.
This paper presents the effect of decision-feedback channel estimation (DFCE) using soft-symbol estimation of the DCI signals for EPDCCH.
In the proposed DFCE method, channel estimation accuracy is improved by using soft-symbol estimation of the control signals based on the a posteriori log-likelihood ratio (LLR) at the soft output Viterbi algorithm (SOVA) for convolutional coding in addition to the demodulation reference signals (DM-RSs).
Computer simulation results show that the DFCE is effective in decreasing the transmission power of the DM-RSs to approximately half compared to that for the conventional DM-RSs only to achieve the same target block error rate from low to high Doppler frequency region in frequency-selective Rayleigh fading channel.
キーワード (和) 移動通信 / 制御情報 / OFDMA / 判定帰還チャネル推定 / MMSEチャネル推定 / EPDCCH / LTE-Advanced /  
(英) Mobile communications / control signals / OFDMA / decision-feedback channel estimation / MMSE channel estimation / EPDCCH / LTE-Advanced /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 254, RCS2014-191, pp. 195-200, 2014年10月.
資料番号 RCS2014-191 
発行日 2014-10-09 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2014-191

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2014-10-16 - 2014-10-17 
開催地(和) 慶應義塾大学 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化および一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) EPDCCHにおける判定帰還チャネル推定を用いる制御情報のブロック誤り率特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of Downlink Control Information Signals Using Decision-Feedback Channel Estimation for EPDCCH 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動通信 / Mobile communications  
キーワード(2)(和/英) 制御情報 / control signals  
キーワード(3)(和/英) OFDMA / OFDMA  
キーワード(4)(和/英) 判定帰還チャネル推定 / decision-feedback channel estimation  
キーワード(5)(和/英) MMSEチャネル推定 / MMSE channel estimation  
キーワード(6)(和/英) EPDCCH / EPDCCH  
キーワード(7)(和/英) LTE-Advanced / LTE-Advanced  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 慎也 / Shinya Hirayama / ヒラヤマ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 和晃 / Kazuaki Takeda / タケダ カズアキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿島 佑一 / Yuichi Kakishima / カキシマ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-17 16:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-191 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.254 
ページ範囲 pp.195-200 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2014-10-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会