お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-17 11:35
疑似周期軌道を用いたカオス制御とその実装
間野翔大伊藤大輔上田哲史徳島大CAS2014-76 NLP2014-70
抄録 (和) 本報告では, 擬似周期軌道によるカオス制御を提案する. 与えられたカオスにおいて, ポアンカレ断面での初期点と再帰点がごく近傍にあり閉軌道と見なしてよいほどに近接した際, その軌道を擬似周期軌道とし, その軌道情報をもとにExternal Force Controlをかけることによって安定化を行う. 例としてBorder-Collision分岐を呈する簡素な回路を用い, 計算機シミュレーションによって制御を行った後, マイコンと電子回路による実装を行った. 
(英) In a chaotic attractor, some orbits looking like closed curve are recognized. We define the orbit as a pseudo periodic orbit. A pseudo periodic orbit is an approximated UPO and it can be found easily without the analytic technique. In this paper, we propose the method stabilizing a pseudo periodic orbit by external force control. We demonstrate the chaos controlling by using a pseudo periodic orbit and circuit implementation for simple circuit causing Border-Collision bifurcation.
キーワード (和) 擬似周期軌道 / カオス制御 / 実装 / / / / /  
(英) pseudo periodic orbits / controlling chaos / implementation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 250, NLP2014-70, pp. 125-128, 2014年10月.
資料番号 NLP2014-70 
発行日 2014-10-09 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2014-76 NLP2014-70

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2014-10-16 - 2014-10-17 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2014-10-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 疑似周期軌道を用いたカオス制御とその実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Controlling chaos by pseudo periodic orbits and its implementation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 擬似周期軌道 / pseudo periodic orbits  
キーワード(2)(和/英) カオス制御 / controlling chaos  
キーワード(3)(和/英) 実装 / implementation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 間野 翔大 / Shota Mano / マノ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 大輔 / Daisuke Ito / イトウ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 哲史 / Tetsushi Ueta / ウエタ テツシ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-17 11:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2014-76,IEICE-NLP2014-70 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.249(CAS), no.250(NLP) 
ページ範囲 pp.125-128 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2014-10-09,IEICE-NLP-2014-10-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会