電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-17 10:10
3.5 GHz帯スモールセルを用いたDual Connectivity機能実証実験(2)
若山敏康KDDI)・橋本典征KDDI研)・武田洋樹王 暁秋松永 彰本多輝彦太田龍治KDDI)・戸田和秀末柄恭宏KDDI研RCS2014-180
抄録 (和) 3.5GHzなど従来セルラー通信用に使用されている周波数より高い周波数帯は,その伝播特性からマクロセルよりもセル半径の小さいスモールセルでの運用が多くなることが想定される.スモールセルでのエリア展開時の課題として,セル半径が小さいことに起因したハンドオーバー回数の増加が挙げられる.ハンドオーバー回数の増加に伴うスループット・ユーザ体感品質の低下等の課題を解決するために,LTE-Advanced技術として,制御信号をマクロセル,ユーザーデータをスモールセルにて通信するDual Connectivity技術が検討されている.筆者らは本技術を具備した実験ネットワークを構築し,実証実験を行った.本稿では主に同技術の有用性を検証した結果を紹介する. 
(英) It is assumed that higher frequency bands, such as 3.5 GHz band, compared to widely used frequency bands for cellular networks would be deployed as small cells that have smaller cell radius than macro cell due to their propagation characteristics. In case of small cell deployments, increasing the number of handovers caused by their small cell radius is an important issue and it raises degradations of user throughput and quality of user experience. Dual connectivity, which makes it possible to use macro cell and small cell separately for control signal and small cell for user signal respectively, is now being standardized as its solution. We constructed experimental networks with this technology and achieved proving tests. In this paper, we introduce the results of our experimental tests proving the availability of this technology.
キーワード (和) LTE-Advanced / 3.5GHz / スモールセル / ピコセル / Dual Connectivity / C/U分離 / Mobility anchor solution /  
(英) LTE-Advanced / 3.5GHz band / Small Cell / Pico Cell / Dual Connectivity / C/U separation / Mobility anchor solution /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 254, RCS2014-180, pp. 135-140, 2014年10月.
資料番号 RCS2014-180 
発行日 2014-10-09 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2014-180

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2014-10-16 - 2014-10-17 
開催地(和) 慶應義塾大学 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化および一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3.5 GHz帯スモールセルを用いたDual Connectivity機能実証実験(2) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Field Experiment on Dual Connectivity for Small Cell Deployments using 3.5 GHz Band (2) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE-Advanced / LTE-Advanced  
キーワード(2)(和/英) 3.5GHz / 3.5GHz band  
キーワード(3)(和/英) スモールセル / Small Cell  
キーワード(4)(和/英) ピコセル / Pico Cell  
キーワード(5)(和/英) Dual Connectivity / Dual Connectivity  
キーワード(6)(和/英) C/U分離 / C/U separation  
キーワード(7)(和/英) Mobility anchor solution / Mobility anchor solution  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 若山 敏康 / Toshiyasu Wakayama / ワカヤマ トシヤス
第1著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 典征 / Noriyuki Hashimoto / ハシモト ノリユキ
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 洋樹 / Hiroki Takeda / タケダ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 暁秋 / Xiaoqiu Wang / オウ ギョウシュウ
第4著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松永 彰 / Akira Matsunaga / マツナガ アキラ
第5著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 本多 輝彦 / Teruhiko Honda / ホンダ テルヒコ
第6著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 龍治 / Ryuji Ota / オオタ リュウジ
第7著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 和秀 / Kazuhide Toda / トダ カズヒデ
第8著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 末柄 恭宏 / Yasuhiro Suegara / スエガラ ヤスヒロ
第9著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-17 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-180 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.254 
ページ範囲 pp.135-140 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2014-10-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会