お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-16 10:10
[奨励講演]Available Bandwidth Measurement in Wireless Networks
Anup Kumar PaulAtsuo TachibanaTeruyuki HasegawaKDDI R&D Lab.NS2014-104
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Available Bandwidth (ABW) estimation in wireless
networks is a critical issue for quality-of-service (QoS) provisioning. Nowadays, a network path often contains at least one wireless link. This is obviously true for mobile users having wireless
connection to the Internet through laptop PCs or smart phones.
Most of the existing tools for measuring ABW are developed
and evaluated in wired network. Since the characteristics of the
wired links and the wireless links differ in many aspects, such as
fluctuations in capacity and stability due to shared and unreliable
nature of the wireless links, the ABW estimation tools need
to be evaluated also for network paths containing at least one
wireless link. In this paper, we have studied the impact of wireless
networks on the ABW estimates produced by our method New
Enhanced available bandwidth measurement Technique (NEXT).
Extensive simulations were performed, demonstrating that NEXT
has very good ABW estimation results in conditions with different
packet sizes, dynamic wireless link rate, and different channel
noises. Additionally NEXT has lower overhead and lower error
rate than other prominent state-of-the-art ABW measurement
technique.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Available Bandwidth / Probe Rate Model / Wireless Network / NEXT / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 252, NS2014-104, pp. 13-17, 2014年10月.
資料番号 NS2014-104 
発行日 2014-10-09 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2014-104

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2014-10-16 - 2014-10-17 
開催地(和) 松江テルサ 
開催地(英) Matsue Terrsa 
テーマ(和) ネットワークアーキテクチャ(オーバレイ,P2P,ユビキタスNW,スケールフリーNW,アクティブNW,NGN・新世代NW),次世代パケットトランスポート(高速Ethernet,IP over WDM,マルチサービスパケット技術,MPLS),グリッド,一般 
テーマ(英) Network Architecture (Overlay, P2P, Ubiquitous Network, Active Network, NGN, New Generation Network), Grid 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-10-NS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Available Bandwidth Measurement in Wireless Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Available Bandwidth  
キーワード(2)(和/英) / Probe Rate Model  
キーワード(3)(和/英) / Wireless Network  
キーワード(4)(和/英) / NEXT  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Anup Kumar Paul / Anup Kumar Paul /
第1著者 所属(和/英) KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI R&D Lab.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Atsuo Tachibana / Atsuo Tachibana /
第2著者 所属(和/英) KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI R&D Lab.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Teruyuki Hasegawa / Teruyuki Hasegawa /
第3著者 所属(和/英) KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI R&D Lab.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-16 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-104 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.252 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2014-10-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会