電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-16 11:30
リチウムイオン組電池における放電電流挙動の等価回路モデルに関する実験的検討
安原一貴薄 良彦引原隆士京大
抄録 (和) 近年, リチウムイオン組電池は電気自動車や家庭用蓄電装置などに幅広く利用されている. 組電池の安全確保や多機能化に向けて, 組電池を構成するセルのダイナミクスを表現する数理モデルの開発が進められている. 組電池の容量については定量的評価を可能にする数理モデルが報告されている一方, 組電池及びそれを構成するセルの放電電流に関するモデルについてはさらなる検討が必要である. 本報告では, リチウムイオン電池の等価回路モデルを対象として, 組電池における放電電流挙動の観点から上記モデルの妥当性を実験的に検討する. そして, 対象の等価回路モデルにより放電電流の時間挙動の概形が再現可能であることを示す. 
(英) Nowadays, multicell lithium-ion batteries are used in electric vehicles, power storage devices, and so on. To use such batteries in a safe and reliable manner, mathematical models for correctly representing dynamics of charge and discharge operation have been developed. It is reported in literature that discharge capacity of a battery is evaluated with an equivalent circuit model. Discharge current of cells in a battery needs more discussion. This report experimentally investigates the equivalent circuit model in terms of discharge current behaviors in a multicell lithium-ion battery. By comparison between the results of measurements and numerical simulations of the model, we show that the equivalent circuit model can reproduce the outlines of discharge current behaviors.
キーワード (和) 組電池 / 等価回路モデル / 放電電流 / リチウムイオン電池 / / / /  
(英) Multicell Battery / Equivalent Circuit Model / Discharge Current / Lithium-Ion Battery / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 250, NLP2014-51, pp. 33-38, 2014年10月.
資料番号 NLP2014-51 
発行日 2014-10-09 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2014-10-16 - 2014-10-17 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2014-10-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リチウムイオン組電池における放電電流挙動の等価回路モデルに関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Experimental Study on Equivalent Circuit Model of Discharge Current Behavior in Multicell Lithium-ion Battery 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 組電池 / Multicell Battery  
キーワード(2)(和/英) 等価回路モデル / Equivalent Circuit Model  
キーワード(3)(和/英) 放電電流 / Discharge Current  
キーワード(4)(和/英) リチウムイオン電池 / Lithium-Ion Battery  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安原 一貴 / Kazuki Yasuhara / ヤスハラ カズキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 薄 良彦 / Yoshihiko Susuki / ススキ ヨシヒコ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 引原 隆士 / Takashi Hikihara / ヒキハラ タカシ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-16 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2014-57,IEICE-NLP2014-51 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.249(CAS), no.250(NLP) 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2014-10-09,IEICE-NLP-2014-10-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会