電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-16 11:00
高速伝送において干渉の無いマルチキャリア符号分割多元接続方式について
エニワン アブドケレム山口大)・黒田 翔エフエクスシステムズ)・井田悠太松元隆博松藤信哉山口大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高速伝送に伴う超遅延に対して他局間干渉とキャリア間干渉の無いマルチキャリア符号分割多元接続方式を提案し, その有効性を確かめる. 送信側では, 最大の系列数で最小の零相関領域を有するZCZ符号により情報シンボルを周波数空間上にて拡散し, それを時空間上にて複数の拡散シンボルをブロック符号化する過程と, 受信側では, 逆の操作と伴にレイク受信を用いて情報復調する過程により特徴づけられる. これにより, 無干渉同時通信局数が数学的上界に到達し, 高効率かつ高安定な通信性能を有す. また, マルチキャリア伝送の性能向上のために適用される周波数領域等化を必要とせず, 実現容易性の観点からも優れている. 
(英) This report proposes a multicarrier code division multiple access (MC-CDMA) scheme without the multiple access interference (MAI) and inter carrier interference (ICI) over a very large delay spread channel, and clarifies its effectiveness. It is characterized that an information symbol is spread by a sequence in zero correlation zone (ZCZ) code over different subcarriers in frequency domain and those is encoded by a block coding technique over time domain and the information symbol is decoded by a minimum mean square error (MMSE) RAKE receiver utilizing the pilot sequence for channel estimation through the reverse process of the transmission.
The scheme achieves the mathematical bound of the number of users which can simultaneously communicate without MAI and ICI, and possesses high efficiency and stable communication performance. Furthermore it is superior from the viewpoint of the facilitation of hardware realization, since a frequency domain equalization technique used in multicarrier communications generally is not necessary.
キーワード (和) 無線通信 / MC-CDMA / ZCZ符号 / レイク受信 / 超遅延 / / /  
(英) Wireless communication / MC-CDMA / ZCZ code / RAKE receiver / Large delay spread / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 254, RCS2014-160, pp. 25-30, 2014年10月.
資料番号 RCS2014-160 
発行日 2014-10-09 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2014-10-16 - 2014-10-17 
開催地(和) 慶應義塾大学 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化および一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-10-RCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 高速伝送において干渉の無いマルチキャリア符号分割多元接続方式について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On a Multicarrier Code Division Multiple Access System without Interference for High Speed Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線通信 / Wireless communication  
キーワード(2)(和/英) MC-CDMA / MC-CDMA  
キーワード(3)(和/英) ZCZ符号 / ZCZ code  
キーワード(4)(和/英) レイク受信 / RAKE receiver  
キーワード(5)(和/英) 超遅延 / Large delay spread  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) エニワン アブドケレム / Ainiwan Abudoukeremu / エニワン アブドケレム
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 翔 / Sho Kuroda / クロダ ショウ
第2著者 所属(和/英) エフエクスシステムズ株式会社 (略称: エフエクスシステムズ)
FX Systems Co.Ltd (略称: FX Systems)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井田 悠太 / Yuta Ida / イダ ユウタ
第3著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松元 隆博 / Takahiro Matsumoto / マツモト タカヒロ
第4著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松藤 信哉 / Shinya Matsufuji / マツフジ シンヤ
第5著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-16 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-160 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.254 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2014-10-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会