お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-16 09:50
Multi-user MIMOのためのコレスキー分解を用いたTomlinson-Harashima Precoding
板倉達哉田野 哲岡山大RCS2014-157
抄録 (和) システムスループットを向上させる技術の一つとして Multi-user MIMO (multiple input multiple output)の研究が盛んに行なわれている.本報告では,新しい Multi-user MIMO システムの提案する.それは受信側が複数アンテナを有することを前提とした下りリンク Multi-user MIMO システムである.また,提案システムでは MMSE規範に基づいた THP(Tomlinson-Harashima Precoding) を行なうためにコレスキー分解を導入する.本報告では異なる二つの Multi-user MIMO システムを提案する.一つは受信信号にユニタリ行列を乗算することを前提としたMulti-user MIMO システムである.もう一つは受信側で逐次復号を行なうこと前提としたシステムである.提案した2 つの Multi-user MIMO システムの BER 特性,周波数利用効率について計算機シミュレーションにより評価した. 
(英) Multi-user Multiple Input Multiple Output (MIMO) is regarded as one of key techniques to increase
system throughput in cellular systems and wireless local area networks. This report proposes a new multi-user MIMO system. It is a downlink multi-user MIMO system in which receivers have a number of antennas. In the proposed systems, cholesky decomposition is introduced to apply Tomlinson-Harashima Precoding (THP) based on MMSE. We show two actual configurations of the proposed multi-user MIMO systems. One is a multi-user MIMO system to multiply a unitary matrix by received signal. The other is that to detect a desired signal with successive interference cancellation (SIC). We evaluated the BER performance and the frequency utilization efficiency of proposed systems by computer simulation.
キーワード (和) Multi-user MIMO / Tomlinson-Harashima Precoding / MMSE / コレスキー分解 / / / /  
(英) Multi-user MIMO / Tomlinson-Harashima Precoding / MMSE / cholesky decomposition / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 254, RCS2014-157, pp. 7-11, 2014年10月.
資料番号 RCS2014-157 
発行日 2014-10-09 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2014-157

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2014-10-16 - 2014-10-17 
開催地(和) 慶應義塾大学 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化および一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Multi-user MIMOのためのコレスキー分解を用いたTomlinson-Harashima Precoding 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Tomlinson-Harashima Precoding with Cholesky Decomposition for Multi-user MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Multi-user MIMO / Multi-user MIMO  
キーワード(2)(和/英) Tomlinson-Harashima Precoding / Tomlinson-Harashima Precoding  
キーワード(3)(和/英) MMSE / MMSE  
キーワード(4)(和/英) コレスキー分解 / cholesky decomposition  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 板倉 達哉 / Tatsuya Itakura / イタクラ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田野 哲 / Satoshi Denno / デンノ サトシ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-16 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-157 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.254 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2014-10-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会