電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-15 16:20
脳血管障害の電波散乱逆問題による検出の検討 ~ 逆散乱問題による頭蓋内組織のイメージング ~
桑原義彦静岡大AP2014-112
抄録 (和) 逆散乱問題によって人体の複雑な組織構造を可視化できることを紹介する。本報告では解析を容易にするために,2次元モデルを使って検討している。散乱波強度分布では,整合液を用いても頭蓋内の組織構造を再構成することはできないが,逆散乱問題を用いることにより,整合液を用いなくても頭蓋内組織の誘電率と導電率分布をかなり正確に再構成することができる。整合液を用いるとさらに解析領域の大きな胴体部分の組織構造を再構成することができる。 
(英) This report present that we can visualize organization structures of the complicated human body by solving the inverse scattering problem. A two-dimensional model is used to make analysis easy in this report. By the scattered strength distribution, we cannot reconstruct the intracranial organization structures with coupling liquid either, but can reconstruct dielectric constant and conductivity distribution of the intracranial organization considerably exactly by using the inverse scattering problem even if we do not use coupling liquid. In additions, we can reconstruct widespread organization structures of the body part when we use coupling liquid.
キーワード (和) 逆散乱問題 / ニュートン法 / 正則化 / イメージング / レーダー / / /  
(英) Inverse Scattering / Newton’s Method / Regularization / Imaging / Radar / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 245, AP2014-112, pp. 19-24, 2014年10月.
資料番号 AP2014-112 
発行日 2014-10-08 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2014-112

研究会情報
研究会 AP WPT  
開催期間 2014-10-15 - 2014-10-17 
開催地(和) 北大 クラーク会館 大会議室 
開催地(英) Hokkaido University, Clark Memorial Student Center 
テーマ(和) 無線電力伝送,一般 
テーマ(英) Wireless Power Transfer, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-10-AP-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 脳血管障害の電波散乱逆問題による検出の検討 
サブタイトル(和) 逆散乱問題による頭蓋内組織のイメージング 
タイトル(英) Studies on detection of cerebrovascular disease by inverse scattering problem 
サブタイトル(英) Imaging of Intracranial Tissue by Inverse Scattering Problem 
キーワード(1)(和/英) 逆散乱問題 / Inverse Scattering  
キーワード(2)(和/英) ニュートン法 / Newton’s Method  
キーワード(3)(和/英) 正則化 / Regularization  
キーワード(4)(和/英) イメージング / Imaging  
キーワード(5)(和/英) レーダー / Radar  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑原 義彦 / Yoshihiko Kuwahara / クワハラ ヨシヒコ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-15 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-112 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.245 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-10-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会