電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-10 13:00
拡張現実感のためのRandom Forestを用いた輪郭検出手法に関する一検討
燧 暁彦小川剛史東大PRMU2014-59
抄録 (和) 本研究では,拡張現実感においてユーザ視点の位置推定に用いる物体追跡の実現を目標に,従来手法の検出精度とリアルタイム処理可能な実行速度を両立した輪郭検出器の検討を進めている.
高精度な検出が可能なRandom Forestを用いた従来手法を基に,用いる特徴量を削減し計算時間の短縮を目指した.
また,学習過程で輪郭検出に適した工夫と,投票時に注目するピクセルの近傍のピクセルの評価結果を反映させることにより精度維持を図っている.
評価実験より,特徴量の削減によって検出時間を短縮出来ることと,提案手法により輪郭の検出精度が向上出来ることを確認した. 
(英) We have studied on a contour detection system with the same accuracy as previous methods and the execution speed in which real-time operation is possible, in order to apply to localization of users in augmented reality systems.
We aimed at the reduction of computational time by reducing the number of kinds of features based on previous method using Random Forest.
Our proposed method keeps the detection accuracy by employing the scheme considering features of the contour detection in learning process and by reflecting evaluation results of neighbors of pixel in voting. Experimental results show that counter-detection time decreased and contour-detection accuracy is improved.
キーワード (和) 拡張現実感 / 輪郭検出 / 機械学習 / Random Forest / / / /  
(英) Augmented Reality / Contour Detection / Machine Learning / Random Forest / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 230, PRMU2014-59, pp. 27-32, 2014年10月.
資料番号 PRMU2014-59 
発行日 2014-10-02 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2014-59

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2014-10-09 - 2014-10-10 
開催地(和) 幕張メッセ国際会議場 
開催地(英)  
テーマ(和) ビッグデータ利用とエンタテイメントを支えるパターン認識・メディア理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2014-10-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 拡張現実感のためのRandom Forestを用いた輪郭検出手法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Contour Detection Method Using Random Forest for Augmented Reality 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 拡張現実感 / Augmented Reality  
キーワード(2)(和/英) 輪郭検出 / Contour Detection  
キーワード(3)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(4)(和/英) Random Forest / Random Forest  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 燧 暁彦 / Akihiko Hiuchi / ヒウチ アキヒコ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 剛史 / Takefumi Ogawa / オガワ タケフミ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-10 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2014-59 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.230 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2014-10-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会