お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-09 09:55
AR Replayを通じた作業理解の評価
李 云亀田能成大田友一筑波大MVE2014-33
抄録 (和) 本研究では,実際の作業環境に合わせてチュートリアルビデオ中で教示者の様子を三次元的に再生するAR replayの評価を報告する.我々が提案しているAR replayでは,まず準備として,教示者の作業がよく見えるように,一台のRGB-Dカメラを適宜動かしながら撮影し,記録する.次に,同じ作業環境中で,ユーザはRGB-Dカメラを手で構えながら,記録の再生を行う.この時,記録時に構築した作業環境の三次元形状情報を利用することで,現在のカメラ映像の中に,教示者の作業記録を三次元的に正確に重ね合わせる.本稿では,プリンタに対する作業を例として,AR replayの評価実験を行い,作業理解に対する有効性の確認を行った. 
(英) We report the evaluation of our proposed method “AR replay”, which is a framework to record a tutor’s action in a working scene, and then replay the action inside a learner’s view that is taken by an RGB-D camera with his/her hand. On preparation, a tutor’s action is recorded by an RGB-D camera so as to frame it well. Then, on replay, a learner moves an RGB-D camera so that he/she can see the recorded action in the same working scene. The recorded action is precisely aligned to the scene by utilizing the 3D shape of the working scene built at recording. We conducted an evaluation experiment of AR replay on a printer maintaining task. Our advantage for better understanding of tutor’s action is confirmed through the experiment.
キーワード (和) RGB-Dカメラ / 作業理解 / KinectFusion / 三次元ビデオ / ユーザインターフェース / 形状復元 / /  
(英) RGB-D camera / Learn tasks / KinectFusion / 3D video / user interface / 3D shape reconstruction / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 239, MVE2014-33, pp. 7-12, 2014年10月.
資料番号 MVE2014-33 
発行日 2014-10-02 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2014-33

研究会情報
研究会 MVE  
開催期間 2014-10-09 - 2014-10-10 
開催地(和) 洞爺湖文化センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般(VR学会SIG-CSおよびSIG-MRと連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2014-10-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AR Replayを通じた作業理解の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Assessment of Efficacy on Using AR Replay to Learn Tasks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RGB-Dカメラ / RGB-D camera  
キーワード(2)(和/英) 作業理解 / Learn tasks  
キーワード(3)(和/英) KinectFusion / KinectFusion  
キーワード(4)(和/英) 三次元ビデオ / 3D video  
キーワード(5)(和/英) ユーザインターフェース / user interface  
キーワード(6)(和/英) 形状復元 / 3D shape reconstruction  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 云 / Yun Li / リ ウン
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 能成 / Yoshinari Kameda / カメダ ヨシナリ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大田 友一 / Yuichi Ohta / オオタ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-09 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2014-33 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.239 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2014-10-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会