お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-09 11:20
投影型シースルーダッシュボードを用いた車輪軌道の可視化による運転者視覚支援
笹井翔太北原 格亀田能成大田友一筑波大MVE2014-35
抄録 (和) 本研究では,投影型複合現実技術を用いて,運転車両前方の死角である道路平面の映像をダッシュボード上にシースルー映像として提示し,映像中に仮想の車輪軌道を重畳する手法を提案する.
シースルー映像の提示によって,運転者は提示映像と周囲の環境との位置関係を迅速に把握することができる.また,重畳提示された車輪軌道は,自車両の車幅や路端と車輪との位置関係を把握するための手がかりとなり,道幅の狭い道路における脱輪 ,巻き込み,対向車とのすれ違い時の接触といった事故を防ぐ効果が期待できる.
実際に構築した提案システムを用いた評価実験により,有効性を検証する. 
(英) This paper proposes a method to show virtual wheel trajectories on seeing-through dashboard by using projection-based MR technique, so that drivers can correctly understand spatial relationship between the car and the surrounding environment. Moreover, the virtual wheel trajectories make the drivers perceive width of the driving vehicle. As the result, even on a narrow road, car accidents such as running off the lane or hitting objects can be avoided. We developed a pilot system of our proposed method, and conduct on subjective evaluations to confirm the effectiveness of our proposed method.
キーワード (和) 複合現実感 / 隠消現実感 / 高度交通システム(ITS) / プロジェクタ / 幾何学的補正 / / /  
(英) Mixed-Reality / Diminished-Reality / Intelligent Transport Systems (ITS) / Projector / Geometric Correction / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 239, MVE2014-35, pp. 25-30, 2014年10月.
資料番号 MVE2014-35 
発行日 2014-10-02 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2014-35

研究会情報
研究会 MVE  
開催期間 2014-10-09 - 2014-10-10 
開催地(和) 洞爺湖文化センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般(VR学会SIG-CSおよびSIG-MRと連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2014-10-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 投影型シースルーダッシュボードを用いた車輪軌道の可視化による運転者視覚支援 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visual Assistance for Drivers by Showing Wheel Trajectories at Seeing-Through Dashboard 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 複合現実感 / Mixed-Reality  
キーワード(2)(和/英) 隠消現実感 / Diminished-Reality  
キーワード(3)(和/英) 高度交通システム(ITS) / Intelligent Transport Systems (ITS)  
キーワード(4)(和/英) プロジェクタ / Projector  
キーワード(5)(和/英) 幾何学的補正 / Geometric Correction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹井 翔太 / Shota Sasai / ササイ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 格 / Itaru Kitahara / キタハラ イタル
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 能成 / Yoshinari Kameda / カメダ ヨシナリ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大田 友一 / Yuichi Ohta / オオタ ユウイチ
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-09 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2014-35 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.239 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2014-10-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会