電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-09 15:00
対応点集合類似度学習を用いた剛体・非剛体物体検出
金崎朝子東大)・Emanuele RodolaDaniel Cremersミュンヘン工科大)・原田達也東大PRMU2014-56
抄録 (和) 入力三次元点群と検出対象物体の三次元点群との対応点を求め,類似度行列の二次割当問題を解いて誤対応点除去された対応点集合に対して,その正当性を評価する対応点集合類似度を導入し,パラメータを学習する手法を提案した.提案手法は,対応点集合類似度が,正解の対応点集合は高く,不正解の対応点集合は低くなるよう,二組の対応点ペアに対する重みを学習する.剛体物体検出実験および非剛体物体検出実験において,提案手法の有効性を確かめた. 
(英) We propose an optimization method for estimating parameters in graph-theoretical formulations of the matching problem for object detection. Unlike several methods which optimize parameters for graph matching in a way to promote correct correspondences and to restrict wrong ones, our approach aims at improving performance in the more general task of object detection. In our formulation, similarity functions are adjusted so as to increase the overall similarity among a reference model and the observed target, and at the same time reduce the similarity among reference and "non-target" objects. We evaluate the proposed method in two challenging scenarios, demonstrating substantial improvements in both settings.
キーワード (和) 特徴点マッチング / グラフマッチング / 最適化 / 勾配法 / 三次元形状 / / /  
(英) keypoint matching / graph matching / optimization / gradient descent method / 3D shape / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 230, PRMU2014-56, pp. 13-18, 2014年10月.
資料番号 PRMU2014-56 
発行日 2014-10-02 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2014-56

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2014-10-09 - 2014-10-10 
開催地(和) 幕張メッセ国際会議場 
開催地(英)  
テーマ(和) ビッグデータ利用とエンタテイメントを支えるパターン認識・メディア理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2014-10-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 対応点集合類似度学習を用いた剛体・非剛体物体検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Learning Similarities for Rigid and Non-Rigid Object Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 特徴点マッチング / keypoint matching  
キーワード(2)(和/英) グラフマッチング / graph matching  
キーワード(3)(和/英) 最適化 / optimization  
キーワード(4)(和/英) 勾配法 / gradient descent method  
キーワード(5)(和/英) 三次元形状 / 3D shape  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金崎 朝子 / Asako Kanezaki / カネザキ アサコ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Emanuele Rodola / Emanuele Rodola / エマヌエレ ロドラ
第2著者 所属(和/英) ミュンヘン工科大学 (略称: ミュンヘン工科大)
Technische Universitat Munchen (略称: Technische Univ. Munchen)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Daniel Cremers / Daniel Cremers / ダニエル クレマース
第3著者 所属(和/英) ミュンヘン工科大学 (略称: ミュンヘン工科大)
Technische Universitat Munchen (略称: Technische Univ. Munchen)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 達也 / Tatsuya Harada / ハラダ タツヤ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-09 15:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2014-56 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.230 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2014-10-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会