お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-07 16:55
昨今のサイバー攻撃の手法とその対策について ~ Interop Tokyo 2014 ShowNetにおける結果からの考察 ~
橋本賢一郎ファイア・アイ)・遠峰隆史NICT)・関谷勇司東大IA2014-33
抄録 (和) 社会活動や日常生活のうち, インターネットを用いた活動の比重が高くなってきている. それに伴い, これまでの国家間のサイバー戦争だけでなく, インターネットに接続された機器や個人情報, 知的財産を狙った被害が増加し対策が急務となっている.
本論文では, Interop Tokyo 2014 にて構築したShowNet を事例として, 昨今のサイバーセキュリティに関する脅威の手法と, それに対抗するための技術, それらを組み合わせた防御システムの構築方法について考察する.
また, ShowNet でのセキュリティ対策を通じて得られたデータから, 標的型攻撃の存在や未知のマルウェアの侵入, 更にはIPv6 による攻撃も開始されていることがわかった. 短期間の展示会のために構築されたネットワークへの脅威から, 日常的に利用されるネットワークへの脅威を推察し, 今後の攻撃の傾向と, サイバーセキュリティにとって重要と思われる防御方法に関して考察する. 
(英) In social activities and daily life, a share of activities from the Internet has been gotten higher. Due to that changes, not only cyber war between countries, but also everything connected to the Internet has been encountered by cyber attack, damage of personal information and stolen intellectual properties has been increased and very serious.
In this paper, with the data from ShowNet security system, recent cyber security methodology, the counter technology and how advanced security systems are considered and should be built with multiple technologies in multiple layers.
Cyber attack with IPv6 protocol was also seen to start during the trade show. From the threat on the infrastructure in the trade show in short term, the daily threat from the Internet is guessed, future trend of threat and significant defense methodologies of cyber security are considered.
キーワード (和) サイバー攻撃 / Advanced Persistent Threat / APT / IPv6 / 標的型攻撃 / 多層防御 / ダークネット / スキャン  
(英) Cyber attack / Advanced Persistent Threat / APT / IPv6 / defense of depth / Dark Net / Scan /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 236, IA2014-33, pp. 51-56, 2014年10月.
資料番号 IA2014-33 
発行日 2014-09-30 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2014-33

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2014-10-07 - 2014-10-07 
開催地(和) グランフロント大阪 タワーB 10F 
開催地(英) Grand Front OSAKA Tower-B 10F 
テーマ(和) ネットワーク研究開発テストベッド運用・利用,一般 (ADVNET共催) 
テーマ(英) Network R&D Testbed Operation and Utilization, etc. (cosponsored by ADVNET) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2014-10-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 昨今のサイバー攻撃の手法とその対策について 
サブタイトル(和) Interop Tokyo 2014 ShowNetにおける結果からの考察 
タイトル(英) Recent cyber attack methodology and protection 
サブタイトル(英) The Consideration based on Interop Tokyo 2014 ShowNet Security 
キーワード(1)(和/英) サイバー攻撃 / Cyber attack  
キーワード(2)(和/英) Advanced Persistent Threat / Advanced Persistent Threat  
キーワード(3)(和/英) APT / APT  
キーワード(4)(和/英) IPv6 / IPv6  
キーワード(5)(和/英) 標的型攻撃 / defense of depth  
キーワード(6)(和/英) 多層防御 / Dark Net  
キーワード(7)(和/英) ダークネット / Scan  
キーワード(8)(和/英) スキャン /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 賢一郎 / Ken Hashimoto / ハシモト ケンイチロウ
第1著者 所属(和/英) ファイア・アイ株式会社 (略称: ファイア・アイ)
FireEye, K.K. (略称: FireEye)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠峰 隆史 / Takashi Tomine / トオミネ タカシ
第2著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 関谷 勇司 / Yuji Sekiya / セキヤ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-07 16:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2014-33 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.236 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2014-09-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会