お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-03 10:20
非近傍点にサブサンプリング画像を用いる適応的拡大ダイヤモンド探索
立野 篤西村隆太郎近藤利夫佐々木敬泰深澤祐樹三重大VLD2014-70 ICD2014-63 IE2014-49 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2014-63
抄録 (和) 動画像高精細化の需要が高まる中,増大するデータ量の低減に向けた符号化の圧縮率向上の要求が強まっている.このような状況の中,H.264の2倍にまで圧縮性能を高めたH.265が注目されている.しかし,処理の複雑性も大幅に増大し,十分な符号化速度が得られなくなっている.この符号化速度低下の解消には処理量の大半を占める動き検出処理の高速化が不可欠である.H.265の参照ソフトウェアに組み込まれているTZSearchは,高精度・高効率を両立する探索アルゴリズムの一つながら,高速化の要求を十分満たしているわけではない.そこで,TZSearchの拡大型ダイヤモンド探索を,探索中心から暫定SAD最小箇所までの距離に応じて次の探索範囲を設定する手法と,遠隔点においてサブサンプリング画像を用いることで演算量低減を図る手法を組み合わせることで高速化する動き検出アルゴリズムを提案した.H.265の参照ソフトウェアに実装し,評価した結果,圧縮効率や画質の低下を最小限に抑えながら,ラスタ探索無しのTZSearchに比べてSAD演算回数を約60%低減,メモリアクセス効率を約35%改善できた. 
(英) Demand for the high definition video is increasing, and improving compression performance is desired. Under such circumstances, H.265 with improved compression performance to twice from H.264 has attracted attention.However, the complexity of the process is greatly increased and one cannot get the sufficient encoding speed. The speed up of motion estimation process that accounts for most of the process is essential. TZSearch built into the reference software of H.265 is one of the search algorithm with high acculacy and efficiency. However, TZSearch is not enough to meet the requirements of hsmall computation complexity. Therefore, we proposed a motion estimation algorithm with two effective techniques. One technique is setting the expanding range of diamond search pattern ristricted by the distance from the current search center to next search center. Another technique is usage of the sub-sampled image at the distant search point. We implemented the proposed algorithm on the reference software. As a result, the algorithm reduces 60% of SAD operations and improve memory access efficiency by 35% compared to TZSearch in the condition of minimizin the deterioration of compression ratio and video quality.
キーワード (和) H.265 / 動き検出 / 拡大型ダイヤモンド探索 / TZSearch / / / /  
(英) H.265 / Motion Estimation / Expanding Diamond Search / TZSearch / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 233, IE2014-49, pp. 57-62, 2014年10月.
資料番号 IE2014-49 
発行日 2014-09-25 (VLD, ICD, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2014-70 ICD2014-63 IE2014-49 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2014-63

研究会情報
研究会 IE ICD VLD IPSJ-SLDM  
開催期間 2014-10-02 - 2014-10-03 
開催地(和) 東北大学 さくらホール 
開催地(英)  
テーマ(和) システムLSIの応用とその要素技術,専用プロセッサ,プロセッサ,DSP,画像処理技術,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2014-10-IE-ICD-VLD-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非近傍点にサブサンプリング画像を用いる適応的拡大ダイヤモンド探索 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptive Expanding Diamond Search using Sub-Sampled Image except in the Small Central Area 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) H.265 / H.265  
キーワード(2)(和/英) 動き検出 / Motion Estimation  
キーワード(3)(和/英) 拡大型ダイヤモンド探索 / Expanding Diamond Search  
キーワード(4)(和/英) TZSearch / TZSearch  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 立野 篤 / Atsushi Tachino / タチノ アツシ
第1著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 隆太郎 / Ryutaro Nishimura / ニシムラ リュウタロウ
第2著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 利夫 / Toshio Kondo / コンドウ トシオ
第3著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 敬泰 / Takahiro Sasaki / ササキ タカヒロ
第4著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 深澤 祐樹 / Yuki Fukazawa / フカザワ ユウキ
第5著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-03 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-VLD2014-70,IEICE-ICD2014-63,IEICE-IE2014-49 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.231(VLD), no.232(ICD), no.233(IE) 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2014-09-25,IEICE-ICD-2014-09-25,IEICE-IE-2014-09-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会