電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-18 14:35
フォルトトレラントFPGA向け実行時故障検出機構の一検討
藤澤賢太郎尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
抄録 (和) システム LSI には高い信頼性が求められており,故障の発生を早急に検出し回避する必要がある.そこで本論文では,フォルトトレラント FPGA (Field Programmable Gate Array) をベースとした故障検出機構を提案する.提案機構では故障回避用に備えられたスペアモジュールを故障検出用モジュールとして活用する.これにより,実装回路の動作を停止させることなく故障の検出を行うことが可能である.評価を行った結果,提案機構を備えたフォルトトレラント FPGA は,実装回路上に発生した故障を平均 18.5 クロックで 100%検出できることがわかった. また,先行研究で提案されているアーキテクチャと比較した場合の面積オーバーヘッドを 1.7%に抑えることができた. 
(英) The fault detection is very important for high reliability system LSI. In this paper, we propose a dynamic fault detection mechanism for the fault-tolerant FPGA, which utilizing spare tile resources to detect faults without stopping the circuit. The evaluation results show the proposed fault-tolerant FPGA has a 100% success rate on the dynamic fault detection in 18.5 cycles on average. In addition, the area overhead is only 1.7% when compared to the base fault-tolerant FPGA.
キーワード (和) FPGA / 故障検出 / / / / / /  
(英) FPGA / Fault detection / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 223, RECONF2014-19, pp. 13-18, 2014年9月.
資料番号 RECONF2014-19 
発行日 2014-09-11 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2014-09-18 - 2014-09-19 
開催地(和) 杜の宿 
開催地(英)  
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム、一般 
テーマ(英) Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2014-09-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フォルトトレラントFPGA向け実行時故障検出機構の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of run-time fault detection mechanism for fault-tolerant FPGAs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(2)(和/英) 故障検出 / Fault detection  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤澤 賢太郎 / Kentaro Fujisawa / フジサワ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 尼崎 太樹 / Motoki Amagasaki / アマガサキ モトキ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 全広 / Masahiro Iida / イイダ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久我 守弘 / Morihiro Kuga / クガ モリヒロ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 末吉 敏則 / Toshinori Sueyoshi / スエヨシ トシノリ
第5著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-18 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2014-19 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.223 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2014-09-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会