電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-18 14:10
65nmCMOSプロセスを用いた耐故障FPGAの試作と評価
尼崎太樹梶原拓也藤澤賢太郎趙 謙飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
抄録 (和) 我々はSoC(System on a Chip)に搭載されるFPGA-IP(Field Programmable Gate Array Intellectual
Property)コアに焦点をあてたFT-FPGA(Fault Tolerant FPGA)アーキテクチャの研究を行っている.信頼性が
要求されるシステムではTMR(Tripple Module Redundancy)のように対象モジュールの多重化が使われることが
多い.しかし,SoC に搭載されるFPGA-IP コアを対象とした場合,面積制約が非常に大きいため単純な冗長化は困
難であることが多い.我々の提案するFT-FPGA は決まったタイル数毎にスペアタイルを備え,故障が起きた際に回
路を退避させることで信頼性を上げている.また,FT-FPGA はソフトIP コアとして提供されるため,通常のASIC
(Application Speci c Integrate Circuit)設計ツールを用いてSoC に搭載可能である.本論文ではFT-FPGA アーキ
テクチャの探索を行い,TSMC 65nmCMOS スタンダードセルライブラリを用いてチップ試作を行った. 
(英) 我々はSoC(System on a Chip)に搭載されるFPGA-IP(Field Programmable Gate Array Intellectual
Property)コアに焦点をあてたFT-FPGA(Fault Tolerant FPGA)アーキテクチャの研究を行っている.信頼性が
要求されるシステムではTMR(Tripple Module Redundancy)のように対象モジュールの多重化が使われることが
多い.しかし,SoC に搭載されるFPGA-IP コアを対象とした場合,面積制約が非常に大きいため単純な冗長化は困
難であることが多い.我々の提案するFT-FPGA は決まったタイル数毎にスペアタイルを備え,故障が起きた際に回
路を退避させることで信頼性を上げている.また,FT-FPGA はソフトIP コアとして提供されるため,通常のASIC
(Application Speci c Integrate Circuit)設計ツールを用いてSoC に搭載可能である.本論文ではFT-FPGA アーキ
テクチャの探索を行い,TSMC 65nmCMOS スタンダードセルライブラリを用いてチップ試作を行った.
キーワード (和) FT-FPGA / IPコア / 試作 / / / / /  
(英) FT-FPGA / IP core / Prototype Chip / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 223, RECONF2014-18, pp. 7-12, 2014年9月.
資料番号 RECONF2014-18 
発行日 2014-09-11 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2014-09-18 - 2014-09-19 
開催地(和) 杜の宿 
開催地(英)  
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム、一般 
テーマ(英) Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2014-09-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 65nmCMOSプロセスを用いた耐故障FPGAの試作と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prototype of fault tolerant FPGA using 65nm CMOS process 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FT-FPGA / FT-FPGA  
キーワード(2)(和/英) IPコア / IP core  
キーワード(3)(和/英) 試作 / Prototype Chip  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尼崎 太樹 / Motoki Amagasaki / アマガサキ モトキ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶原 拓也 / Takuya Kajiwara / カジワラ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤澤 賢太郎 / Kentaro Fujisawa / フジサワ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 趙 謙 / Qian Zhao / チョウ ケン
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 全広 / Masahiro Iida / イイダ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 久我 守弘 / Morihiro Kuga / クガ モリヒロ
第6著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 末吉 敏則 / Toshinori Sueyoshi / スエヨシ トシノリ
第7著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-18 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2014-18 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.223 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2014-09-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会