電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-18 09:30
[依頼講演]素子値の異なる2つのCRLH-TLセルを縦続接続した線路構造による4帯域通過フィルタの基礎検討
佐藤 圭鈴木恭宜高儀雄太楢橋祥一NTTドコモAP2014-91 MW2014-84 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2014-84
抄録 (和) 右手/左手系複合型伝送線路(Composite Right- and Left-Handed Transmission Line; CRLH-TL)は,1組の直列キャパシタンス及び並列インダクタンス(左手系)と1組の直列インダクタンス及び並列キャパシタンス(右手系)で構成されたCRLH-TLセルを縦続接続した構造で構成される.本構造では,右手系及び左手系の伝送帯域とバンドギャップを組み合わせることで2帯域通過フィルタを構築することが可能であるが,設計できるバンドギャップ数が1つとなることから3帯域以上のフィルタへの適用は困難と思われる.3帯域以上のフィルタへの適用に関して,著者らは,素子値の異なる2つのCRLH-TLセルを縦続接続した繰返し構造単位セルを提案し,数値解析を行うとともに,提案構造を用いた4帯域通過フィルタへの適用事例を示した.本稿では,提案構造を用いた4帯域通過フィルタの基礎検討として,分散特性の解析・実験結果を示すとともに,従来の1つのCRLH-TLセルを縦続接続した構造による2帯域通過フィルタとの差分を明らかにし,提案構造を用いた4帯域通過フィルタへの適用可能性を示す. 
(英) This paper presents a basic study on a quad-band bandpass filter (QBPF) with a line structure comprising cascade connection of composite right- and left-handed transmission line (CRLH-TL) cells having two different element values (CRLH-TL-TDEV). Four passbands can be achieved based on the analytical investigation on the dispersion characteristics of the CRLH-TL-TDEV. Numerical and experimental results show that the CRLH-TL-TDEV has the potential for constructing the QBPF.
キーワード (和) 右手/左手系複合型伝送線路 / メタマテリアル / マルチバンド / バンドパスフィルタ / / / /  
(英) Composite Right- and Left-Handed Transmission Line / Metamaterial / Multi-band / Bandpass Filter / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 219, MW2014-84, pp. 1-4, 2014年9月.
資料番号 MW2014-84 
発行日 2014-09-11 (AP, MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2014-91 MW2014-84 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2014-84

研究会情報
研究会 AP MW  
開催期間 2014-09-18 - 2014-09-19 
開催地(和) 東工大 大岡山キャンパス 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology, Ookayama Campus 
テーマ(和) マイクロ波・ミリ波,メタマテリアル,一般、学生特集 
テーマ(英) Microwave and Millimeter-wave, Metamaterials, Antennas and Propagation, Student Session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2014-09-AP-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 素子値の異なる2つのCRLH-TLセルを縦続接続した線路構造による4帯域通過フィルタの基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Basic Study on Quad-band Bandpass Filter with Line Structure Comprising Cascade Connection of CRLH-TL Cells Having Two Different Element Values 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 右手/左手系複合型伝送線路 / Composite Right- and Left-Handed Transmission Line  
キーワード(2)(和/英) メタマテリアル / Metamaterial  
キーワード(3)(和/英) マルチバンド / Multi-band  
キーワード(4)(和/英) バンドパスフィルタ / Bandpass Filter  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 圭 / Kei Satoh / サトウ ケイ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 恭宜 / Yasunori Suzuki / スズキ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高儀 雄太 / Yuta Takagi / タカギ ユウタ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 楢橋 祥一 / Shoichi Narahashi / ナラハシ ショウイチ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-18 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-AP2014-91,IEICE-MW2014-84 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.218(AP), no.219(MW) 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2014-09-11,IEICE-MW-2014-09-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会