電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-18 16:10
通信SoC用リコンフィギャラブルプロトコル処理回路の提案
八田彩希田中伸幸重松智志NTT
抄録 (和) アクセス網に用いられる通信用SoCのプロトコル処理回路は、通信方式によって決まる要求性能を満たすとともに、小面積化と様々な処理が可能な柔軟性が必要とされている。柔軟性を実現するために汎用的なリコンフィギャラブルデバイスのアーキテクチャを用いてプロトコル処理回路を実現する場合、通信プロトコル処理に適したアーキテクチャで無い為、構成要素であるリコンフィギャラブルセルの利用効率が悪くなる。その結果、実装後の小面積化が困難という課題が生じる。本稿では、小面積化を目的として、通信プロトコル処理の特徴を利用した新規アーキテクチャについて提案する。提案アーキテクチャでは、プロトコル処理に特化した3種類のセルの数を自由に組み合わせられる為、プロトコル処理に合わせて必要なセルの数を用意することができる。そのため、セル利用効率を高めることが可能となる。提案アーキテクチャの面積を評価するためにFPGAに実装した結果、専用回路で同等の処理を行う回路と比較して、33%の面積ペナルティで柔軟性を増すプロトコル処理回路が実現できることを示した。 
(英) We propose an architecture of dynamically reconfigurable hardware for protocol processing (DRHPP) for a communications system on a chip (SoC) in access networks to provide flexibility with high area efficiency. The DRHPP enables the modification and addition of various communications-protocol-processing functions. Our architecture consists of three types of cells. The optimized number of these types of cells for the intended protocol processing can be implemented for increasing cell-utilization efficiency, which can decrease the total area. Additionally, the best granularity for the cell also contributes to a decrease of the total area. We implemented a protocol-processing circuit using DRHPP for protocol-frame parser processing. Implementation results show the proposed architecture improves flexibility with only a 33% area penalty in comparison with a hard-wired protocol-processing circuit.
キーワード (和) 通信プロトコル処理 / 面積利用効率 / プロトコル処理用セル / 通信用SoC / アクセス網 / / /  
(英) communications-protocol processing / area efficiency / optimized cell / comminications SoC / access networks / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 223, RECONF2014-22, pp. 29-34, 2014年9月.
資料番号 RECONF2014-22 
発行日 2014-09-11 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2014-09-18 - 2014-09-19 
開催地(和) 杜の宿 
開催地(英)  
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム、一般 
テーマ(英) Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2014-09-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信SoC用リコンフィギャラブルプロトコル処理回路の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamically reconfigurable protocol-processing hardware for communications SoC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 通信プロトコル処理 / communications-protocol processing  
キーワード(2)(和/英) 面積利用効率 / area efficiency  
キーワード(3)(和/英) プロトコル処理用セル / optimized cell  
キーワード(4)(和/英) 通信用SoC / comminications SoC  
キーワード(5)(和/英) アクセス網 / access networks  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 八田 彩希 / Saki Hatta / ハッタ サキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 伸幸 / Nobuyuki Tanaka / タナカ ノブユキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 重松 智志 / Satoshi Shigematsu / シゲマツ サトシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-18 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2014-22 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.223 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2014-09-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会