お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-18 16:55
IHC電子透かしコンテストの高画質カテゴリにおける加法電子透かし法の性能評価
戸塚拓伸阪大)・吉田真紀NICT)・藤原 融阪大LOIS2014-23 IE2014-36 EMM2014-53
抄録 (和) 本稿では,加法電子透かし法が情報ハイディング及びその評価基準 (IHC)研究専門委員会が策定した評価基準 ver.3 を満たし,第 3 回 IHC 電子透かしコンテストの高画質カテゴリで最高性能の方式より良い性能となることを示す.IHC の評価基準 ver.3 では,透かし入り画像に対して配信時に圧縮,再配布時に圧縮と切り取りが施される状況を想定し,配信画像の最低画質と,再配布画像の透かし検出誤りが皆無となる最大圧縮率を定めている.評価の結果,パラメータを適切に選択することで,加法電子透かし法は最大圧縮率の下で配信画像の画質を PSNR 49.2 dB とでき,最高性能の方式の画質 PSNR 47.1 dB より高い画質を達成した. 
(英) In this paper, we show that the additive watermarking scheme satisfies the evaluation criteria ver.3 developed by IEICE-ISS Information Hiding Criteria (IHC) committee and provides higher performance than the 3rd IHC watermarking contest winning scheme in the highest image quality category. The criteria suppose the watermarked image is compressed at delivery and then compressed and cropped at redistribution. The criteria regulate the lowest quality of delivered image and maximum compression ratio of redistributed image without detection error. The experimental results show that PSNR of delivered image for the additive scheme achieves 49.2 dB under the maximum compression ratio, which is higher than that for the winning scheme (47.1 dB), by selecting parameters properly.
キーワード (和) 電子透かし / IHC評価基準 / スペクトラム拡散法 / 加法電子透かし / 圧縮 / 切り取り / /  
(英) Digital watermarking / IHC criteria / spread spectrum watermarking / additive watermarking / compression / cropping / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 222, EMM2014-53, pp. 53-58, 2014年9月.
資料番号 EMM2014-53 
発行日 2014-09-11 (LOIS, IE, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2014-23 IE2014-36 EMM2014-53

研究会情報
研究会 IE EMM LOIS IEE-CMN ITE-ME  
開催期間 2014-09-18 - 2014-09-19 
開催地(和) 高知工科大学 
開催地(英)  
テーマ(和) マルチメディア通信/システム,ライフログ活用技術,IP放送/映像伝送,メディアセキュリティ,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2014-09-IE-EMM-LOIS-CMN-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IHC電子透かしコンテストの高画質カテゴリにおける加法電子透かし法の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Additive Watermarking under the Highest Image Quality Category of the IHC Watermark Competition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子透かし / Digital watermarking  
キーワード(2)(和/英) IHC評価基準 / IHC criteria  
キーワード(3)(和/英) スペクトラム拡散法 / spread spectrum watermarking  
キーワード(4)(和/英) 加法電子透かし / additive watermarking  
キーワード(5)(和/英) 圧縮 / compression  
キーワード(6)(和/英) 切り取り / cropping  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸塚 拓伸 / Hironobu Tozuka / トヅカ ヒロノブ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 真紀 / Maki Yoshida / ヨシダ マキ
第2著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 融 / Toru Fujiwara / フジワラ トオル
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-18 16:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-LOIS2014-23,IEICE-IE2014-36,IEICE-EMM2014-53 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.220(LOIS), no.221(IE), no.222(EMM) 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2014-09-11,IEICE-IE-2014-09-11,IEICE-EMM-2014-09-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会