電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-12 14:45
アンテナ毎のピーク電力を考慮した帰還型MIMOシステムにおける帰還ビット誤り影響下での送信重み制御手法に関する検討
大木雄介牟田 修古川 浩九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 送受信空間フィルタを用いるMIMO空間分割多重伝送において,各アンテナ素子から送信可能な電力(送信ピーク電力)が制限された場合の送信重み最適化手法が検討されている.
本論文では, 上下回線間での伝搬路相関が低いFDDシステムを仮定し, 下り回線における伝搬路変化量を上り回線において周期的に帰還する方式について検討する.
アンテナ素子毎の最大出力を考慮したMIMOシステムに上記の方式を適用することで, 帰還ビット誤り影響下においても, 送信ピーク電力の上昇を抑えながら伝搬路変動に追従した送信重み制御が可能となることを計算機シミュレーションにより示した. 
(英) In multi-input multi-output (MIMO) space division multiplexing (SDM) systems based on transmitter/receiver spatial filtering, a transmitter weight optimization method under constraint of per-antenna maximum transmit power has been investigated.
In this paper, we evaluate performance of a transmit peak power aware MIMO SDM systems under time-varying channels, where we assume frequency division duplex (FDD) systems and apply a method that the receiver send back the difference between channel estimates of current and previous ones.
We also investigate a method that the receiver send back the difference between channel estimates currently used at the transmitter and optimum ones calculated at the receiver.
Computer simulation results show that the above feedback type weight control techniques are effective for mitigating the influence of channel variation, while transmit peak power is reduced.
キーワード (和) 空間分割多重 / MIMO / 送信ピーク電力 / 送信アンテナ重み係数 / 時変伝搬路 / FDD / /  
(英) Space division multiplexing / MIMO / Transmit peak power / Transmitter weight coefficient / Time-varying channels / FDD / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 209, CQ2014-64, pp. 141-146, 2014年9月.
資料番号 CQ2014-64 
発行日 2014-09-04 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA CQ  
開催期間 2014-09-11 - 2014-09-12 
開催地(和) 石巻市河北総合センタービッグバン(石巻市) 
開催地(英)  
テーマ(和) 災害時通信, モバイルオフロード, 無線LAN,M2M/センサネットワーク, P2P/アドホックネットワーク, モバイルアプリケーションとサービス, 無線伝送, クロスレイヤー融合技術, 映像配信, およびこれらの品質と省電力化, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2014-09-MoNA-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アンテナ毎のピーク電力を考慮した帰還型MIMOシステムにおける帰還ビット誤り影響下での送信重み制御手法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Transmit Weight Control Algorithms for Per-antenna Peak Output Power Aware Feedback-type MIMO Systems Affected by Feedback-bit Error 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間分割多重 / Space division multiplexing  
キーワード(2)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(3)(和/英) 送信ピーク電力 / Transmit peak power  
キーワード(4)(和/英) 送信アンテナ重み係数 / Transmitter weight coefficient  
キーワード(5)(和/英) 時変伝搬路 / Time-varying channels  
キーワード(6)(和/英) FDD / FDD  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大木 雄介 / Yusuke Ohki / オオキ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牟田 修 / Osamu Muta / ムタ オサム
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 浩 / Hiroshi Furukawa / フルカワ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-12 14:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2014-64 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.209 
ページ範囲 pp.141-146 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2014-09-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会