電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-12 11:35
突発的災害時における避難グループの経路分散のための避難経路探索法
藤本まなと鈴木達也室津裕樹榎原博之和田友孝岡田博美飯田幸雄関西大
抄録 (和) 火災・爆発・テロ等の突発的災害が発生した時,被災者は災害現場から安全かつ迅速に避難する必要がある.本研究では,災害発生から数十秒以内に被災者の避難を実現するシステムとして,非常時緊急避難支援システムであるERESSの開発を行っている.本システムにおいて,各被災者に対して適切な出口への安全な避難経路を提示することは極めて重要である.従来の避難経路探索では,全被災者がERESS端末を保持することを想定している.しかし,実際にはERESS端末保持者とERESS端末未保持者が混在する可能性が高い.一般的に,火災等の緊急時,被災者には集団心理が働き,周囲の被災者についていく行動(追従行動)をとる.これにより,複数人で行動する避難グループが形成される.ここで,人数の多い避難グループが形成されると,避難中に通路上で局所的な混雑が発生し,避難時間が遅延する可能性が高い.そこで,本稿では,ERESS端末未保持者及び避難グループを考慮した新たな避難経路探索法を提案する.提案方式の有効性を示すため,コンピュータシミュレーションにより性能評価を行った.その結果,ERESS端末保持者の割合に関わらず,提案方式が従来方式よりも多くの被災者の避難を実現できることを示した. 
(英) In the event of sudden disasters like fire, blast, terrorism, and so on, evacuees need to evacuate safely and quickly from the disaster area to safe area. In this research, we have been developing of Emergency Rescue Evacuation Support System (ERESS). In this system, it is very important to provide a safe escape route to exit for evacuees. In the conventional evacuation route search in ERESS, it assumes that all evacuees hold ERESS terminal. However, in fact, the possibility that ERESS holders and ERESS non-holders are mixed is high. In general, evacuees take the action which follows the surrounding evacuees in the emergency such as fire disasters. Thereby, evacuees groups which consist of two or more persons are formed. When groups of many evacuees are formed, the probability that local confusions are occurred on passages and evacuation time is delayed is high. In this paper, we propose a new evacuation route search algorithm considering the evacuees groups and ERESS non-holders. To show the effectiveness of the proposed algorithm, we carry out the performance evaluations by computer simulations. As the results, we show that the proposed algorithm can support the evacuation of more evacuees than the conventional algorithm regardless of the percentage of ERESS holders.
キーワード (和) 突発的災害 / ERESS / MANET / 避難経路探索 / 経路分散 / / /  
(英) sudden disaster / ERESS / MANET / evacuation route search / route distribution / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 207, IN2014-63, pp. 87-92, 2014年9月.
資料番号 IN2014-63 
発行日 2014-09-04 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS NS IN  
開催期間 2014-09-11 - 2014-09-12 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 2号館 
開催地(英) Tohoku Univ. Research Institute of Electrical Communication 2gokan 
テーマ(和) ポストIPネットワーキング、次世代・新世代ネットワーク(NGN) 、障害対策・BCP、ネットワークコーディング、セッション管理(SIP・IMS)、相互接続技術/標準化、ネットワーク構成管理及び一般 
テーマ(英) Post IP networking, Next Generation Network (NGN)/New Generation Network (NWGN), Contingency Plan/BCP, Network Coding/Network Algorithms, Session Management (SIP/IMS), Internetworking/Standardization, Network configuration, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2014-09-NS-CS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 突発的災害時における避難グループの経路分散のための避難経路探索法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Effective Route Search Algorithm for Route Distribution of Evacuees Groups in Sudden Disasters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 突発的災害 / sudden disaster  
キーワード(2)(和/英) ERESS / ERESS  
キーワード(3)(和/英) MANET / MANET  
キーワード(4)(和/英) 避難経路探索 / evacuation route search  
キーワード(5)(和/英) 経路分散 / route distribution  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 まなと / Manato Fujimoto / フジモト マナト
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 達也 / Tatsuya Suzuki / スズキ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 室津 裕樹 / Hiroki Murotsu / ムロツ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎原 博之 / Hiroyuki Ebara / エバラ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 友孝 / Tomotaka Wada / ワダ トモタカ
第5著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 博美 / Hiromi Okada / オカダ ヒロミ
第6著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 幸雄 / Yukio Iida / イイダ ユキオ
第7著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-12 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-63 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.207 
ページ範囲 pp.87-92 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2014-09-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会