電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-12 11:05
[招待講演]災害に強い無線通信ネットワーク研究開発の取組み
浜口 清井上真杉大和田泰伯鄭 炳表NICTMoNA2014-42
抄録 (和) ICT技術が情報インフラとして生活に欠くことのできなくなった現在、大規模な災害に備えて、輻輳の発生した携帯電話ネットワーク等を補完し、臨機応変に展開できて障害に強い特性を備えた代替の通信手段を準備しておく必要がある。ここで、災害に強い柔軟な情報通信ネットワークを構築する場合、無線による通信システムが重要な役割を果たすと考える。そこで、耐災害情報通信技術の実証を目的に、ワイヤレスメッシュネットワークテストベッド施設を2013年3月に東北大学キャンパス内に整備した。一方、被災地での実証実験を目的として、2014年3月には宮城県女川町に小規模なワイヤレスメッシュネットワーク網を整備した。本文では、こうしたNICTの研究開発の取組みについて概要を報告する。 
(英) ICT technology has become essential to daily life and now become an information infrastructure. We must prepare a complementary ICT network of mobile phone against happening of huge disaster to avoid network congestion. And it must be alternative means of telecommunication system that are resistant to damage and can be deployed adapting to requirements. Wireless technology, which does not depend on physical wired networks alone, plays an important role in planning resilient data communications networks. Accordingly, we built a wireless mesh network test bed on the campus of Tohoku University in March 2013, to demonstrate disaster-resistant telecommunication technologies. The experimental wireless mesh network has been also constructed in Onagawa town of Miyagi prefecture on March 2014. We briefly report overview of relevant NICT project in this paper.
キーワード (和) 災害 / 情報通信 / 無線 / ネットワーク / 実証実験 / / /  
(英) Disaster / ICT / Wireless / Network / Experiment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 210, MoNA2014-42, pp. 67-73, 2014年9月.
資料番号 MoNA2014-42 
発行日 2014-09-04 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2014-42

研究会情報
研究会 MoNA CQ  
開催期間 2014-09-11 - 2014-09-12 
開催地(和) 石巻市河北総合センタービッグバン(石巻市) 
開催地(英)  
テーマ(和) 災害時通信, モバイルオフロード, 無線LAN,M2M/センサネットワーク, P2P/アドホックネットワーク, モバイルアプリケーションとサービス, 無線伝送, クロスレイヤー融合技術, 映像配信, およびこれらの品質と省電力化, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2014-09-MoNA-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 災害に強い無線通信ネットワーク研究開発の取組み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) R&D Approach to Disaster-Resilient Wireless Telecommunication System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 災害 / Disaster  
キーワード(2)(和/英) 情報通信 / ICT  
キーワード(3)(和/英) 無線 / Wireless  
キーワード(4)(和/英) ネットワーク / Network  
キーワード(5)(和/英) 実証実験 / Experiment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜口 清 / Kiyoshi Hamaguchi / ハマグチ キヨシ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 真杉 / Masugi Inoue / イノウエ マスギ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 泰伯 / Yasunori Owada / オオワダ ヤスノリ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鄭 炳表 / Byeong-pyo Jeong / ジョン ビョンピョ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-12 11:05:00 
発表時間 35 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2014-42 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.210 
ページ範囲 pp.67-73 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-MoNA-2014-09-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会