電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-12 13:25
HTTPリクエストとの突合に基づくデータベースへの不正クエリ検知方式
首藤裕一濱田貴広村田祐一北爪秀雄NTTIN2014-65
抄録 (和) 近年、Webサービスに対する攻撃は日々高度化している。脆弱性攻撃などによりWebサーバが乗っ取られると、遠隔操作によりWebサーバからデータベースサーバへ不正クエリが発行され、管理情報・顧客情報が漏洩したり、改竄されるおそれがある。本稿では、脆弱性攻撃などによりWebサーバが乗っ取られ、遠隔操作されたとしても、Webサーバから発行されるデータベースサーバへの不正クエリを検知する方式を提案する。提案方式は、クライアントからWebサーバへのHTTPリクエストとWebサーバからデータベースサーバへのSQLクエリをミラーリングするなどして監視し、両者を突合することで本来生成されることのない不正なSQLクエリを検知する。 
(英) If an attacker takes over a Web server by vulnerability attack or fraud login and so on, the attacker can control the server remotely and make the server to send a fraud SQL query to a database that has secret information or client information. Hence, the attacker can steal or modify such important information. In this paper, we propose the method that can detect fraud queries even if a Web server is taken over by an attacker. The proposed method monitors both HTTP requrests from clients to Web servers and SQL queries from Web servers to a database. It detects fraud SQL queries that cannot be generated at correct processing by verifying the correlation of monitored HTTP requests and SQL queries.
キーワード (和) 不正クエリ検出 / 侵入検知 / データベース保護 / / / / /  
(英) Detection of Malicious Queries / Intrusion Detection / Database Protection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 207, IN2014-65, pp. 99-104, 2014年9月.
資料番号 IN2014-65 
発行日 2014-09-04 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2014-65

研究会情報
研究会 CS NS IN  
開催期間 2014-09-11 - 2014-09-12 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 2号館 
開催地(英) Tohoku Univ. Research Institute of Electrical Communication 2gokan 
テーマ(和) ポストIPネットワーキング、次世代・新世代ネットワーク(NGN) 、障害対策・BCP、ネットワークコーディング、セッション管理(SIP・IMS)、相互接続技術/標準化、ネットワーク構成管理及び一般 
テーマ(英) Post IP networking, Next Generation Network (NGN)/New Generation Network (NWGN), Contingency Plan/BCP, Network Coding/Network Algorithms, Session Management (SIP/IMS), Internetworking/Standardization, Network configuration, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2014-09-CS-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HTTPリクエストとの突合に基づくデータベースへの不正クエリ検知方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection of Malicious Database Queries based on Matching with HTTP Requests 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 不正クエリ検出 / Detection of Malicious Queries  
キーワード(2)(和/英) 侵入検知 / Intrusion Detection  
キーワード(3)(和/英) データベース保護 / Database Protection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 首藤 裕一 / Yuichi Sudo / スドウ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱田 貴広 / Takahiro Hamada / ハマダ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 祐一 / Yuichi Murata / ムラタ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 北爪 秀雄 / Hideo Kitazume / キタヅメ ヒデオ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-12 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-65 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.207 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2014-09-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会