お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-12 16:15
[招待講演]「根元」は攻略されたのか ~ DNSキャッシュポイズニング攻撃とその対策について改めて考える ~
藤原和典森下泰宏日本レジストリサービスIA2014-20
抄録 (和) 最近,DNSキャッシュポイズニング攻撃が改めて注目されている.
本攻撃手法はDNSの基本構造に由来するものであるが,その原理や成立の条件・
実際の危険性などが正しく理解されているとは言い難い.
本報告ではDNSへのさまざまな攻撃を紹介し,特に偽のNS
リソースレコードを注入するキャッシュポイズニング手法について
原理を解説し,
攻撃のリスクに関する評価結果を示し,これまでに提案・実装されて
いる対策を紹介する. 
(英) Recently, DNS cache poisoning attack is being focused again.
Though it is derived from the basic structure of DNS,
it is hard to say that its
principle, conditions of success, and risk in the real Internet are
understood properly.
In this report, we describe various attacks to the DNS,
especially the methods of injecting the forged NS resource records.
And we show our results for evaluating the risk
of the attack, and introduce the mechanisms of proposed/implemented
countermeasures against the attack.
キーワード (和) DNS / キャッシュポイズニング / / / / / /  
(英) DNS / Cache poisoning / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 216, IA2014-20, pp. 35-40, 2014年9月.
資料番号 IA2014-20 
発行日 2014-09-05 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2014-20

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2014-09-12 - 2014-09-12 
開催地(和) 東工大蔵前会館 
開催地(英) Tokyo Tech Front 
テーマ(和) インターネット運用・管理、一般 
テーマ(英) Internet Operation and Management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2014-09-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 「根元」は攻略されたのか 
サブタイトル(和) DNSキャッシュポイズニング攻撃とその対策について改めて考える 
タイトル(英) DNS cache poisoning and its countermeasures 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) DNS / DNS  
キーワード(2)(和/英) キャッシュポイズニング / Cache poisoning  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 和典 / Kazunori Fujiwara /
第1著者 所属(和/英) 株式会社日本レジストリサービス (略称: 日本レジストリサービス)
Japan Registry Services Co., Ltd. (略称: JPRS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森下 泰宏 / Yasuhiro Orange Morishita /
第2著者 所属(和/英) 株式会社日本レジストリサービス (略称: 日本レジストリサービス)
Japan Registry Services Co., Ltd. (略称: JPRS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-12 16:15:00 
発表時間 60 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2014-20 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.216 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2014-09-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会